ジャパンラグビートップリーグ第6節 リコーブラックラムズ戦 注目選手

 

ジャパンラグビートップリーグ1stステージも残すところあと2試合、1週間のブレイクを経て今週末は第6節を迎える。

 

まずはどのチームも狙うトップ4入り、残り2試合の結果次第でどのような順位になるのか分からない混戦の両プール、今節も各地で熱戦が繰り広げられそうだ。

 

そしてスピアーズもまさにその渦中、現在5位につけ、残り2試合の必勝を目指すのみ。

 

「絶対に負けられない」

そんな大きなプレッシャーがかかる試合が続く中でも、自分達のラグビーを信じて、楽しみ、そしてスピアーズらしく戦えば結果は必ずついてくるだろう。

 

トップリーグの中でも選手の平均年齢が比較的若いとされるスピアーズ、試合を重ねるごとに見せる成長とその可能性には目を瞠るものがある。

 

けれども緊迫した試合展開、勝負の分かれ目、そして今節のようなここ一番ではベテランと呼ばれる選手達の存在の大きさは計り知れない。

 

そう この選手の存在は。

 

背番号12 セイララ・マプスア

 

キャノン戦 (51).jpg

 

33歳にして現役サモア代表。

かつてはキャプテンとして代表チームを率いた男。

NZ、イングランド、そしてサモア代表、スピアーズの他の選手にはない実績と経験は一度グラウンドに立てば

彼の作り出す空気、そしてプレーの幅を見れば納得だ。

 

ワイルドな風貌に誰もが期待する突破役としての荒々しい前進と、ゴール前で見せるタックルの連発、そのひとつひとつのプレーが流れを変え、周囲のチームメイトを奮起さす。

 

年齢と共に当然衰えるものも多いはずだが、最大のチャンスや絶対絶命のピンチで彼の姿を見れば

今なお 研ぎ澄まされていく多くの能力を持つことを誰もが認める。

 

 

目の前の「絶対に負けられない」戦い、背番号12の経験とリーダーシップ、そして魂のこもったひとつひとつのプレーがスピアーズ勝利のために何がなんでも不可欠だ。

 

ご期待ください。

前の記事へ  |  次の記事へ