ジャパンラグビートップリーグ第7節 コカ・コーラに勝利、白星先行で1stステージ終了

10月26日(土)13時より福岡県 レベルファイブスタジアムにて行われました、ジャパンラグビートップリーグ

第7節 コカ・コーラウエストレッドスパークス戦は30-26でスピアーズが勝利致しました。

 
1stステージの最終順位でトップ4入りの可能性も残したピアーズ、他チームの結果も影響するとはいえ

まずはとにかく必勝の思いを胸に試合に臨みました。

 

開始早々2分に先制したのはコーラ、けれども18分にはFWのモール攻撃で、また28分には古巣との対決に

燃えるNO.8タキタキ選手のトライで逆転に成功しました。

流れはスピアーズに傾いたかと思ったのも束の間、31分に再びコーラがトライ、逆転を許し、苦しい

シーソーゲームの展開に。

 

終了間際にCTB立川 理道選手がPGを決め再逆転、15-14、僅差のまま前半を終えました。

 

後半に入ると早々にWTB根岸選手、また4分にもWTBポキ選手と今度はBK陣で立て続けにトライをあげ、

25-14とリードを広げました。

けれども互いに勝利が欲しい両チーム、直後にはコーラが、そしてすぐまたスピアーズが、スコアを重ね

最後まで激しい攻防が続きました。

終了間際にコーラが追加点をあげ30-26と迫られるも、 前後半で5トライをあげたスピアーズが

ボーナスポイントも獲得しての勝利をあげ、今季4勝目、白星先行で1stステージを修了しました。

 

マン・オブ・ザ・マッチには後半から出場し、2トライをあげたWTBケイド ポキ選手が選出されました。

 

たくさんのご声援ありがとうございました。

次戦、11月9日(土) 13時より行われます、練習試合NTTコミュニケーションズ(@NTTグラウンド)戦へも

温かいご声援よろしくお願い致します!

 

コカコーラ戦 (107).jpg

 

コカコーラ戦 (24).jpg

 

コカコーラ戦 (148).jpg

 

コカコーラ戦 (33).jpg

 

コカコーラ戦 (115).jpg

 

■試合結果詳細はこちら

http://www.top-league.jp/game/2013/score7907.html

 

 

 

前の記事へ  |  次の記事へ