トップリーグ2ndステージ第1節 豊田自動織機戦 注目選手

約1ヶ月のウィンドウマンスが開け、ジャパンラグビートップリーグ2ndステージが開幕した。

1ヶ月前の勝敗はそれほどあてにはならない。

おそらく、どのチームも確実に進化を遂げているだろうから。

 

1stステージで悔しくもトップ8を逃したスピアーズ、だが決して肩を落とすことも、下を向くこともしない。

それは驕っているわけでも、結果に満足しているわけでもない。

どんな時も明るく前に進む、それがスピアーズの魅力でもあり、チームカラーなのでもある。

もちろん待ち受ける2ndステージ、そこでは、もう一度チャレンジャーとなって戦う覚悟を決め、

全勝をするという新たな目標も全員でしっかりと胸に刻んだ。

 

初戦から、厳しい戦いになることが予想されるが、それでもスピアーズらしく楽しむ、そして周囲の人々を楽しま

せる、そんな試合になることに期待したい。

彼がグラウンドにいるから。

 

背番号14 伊藤 有司

キャノン戦 (137).jpg

 

第5節以降 怪我で戦列を離れていたトライゲッターの待ちわびた復帰だ。

 

「ジョン」

その愛称で親しまれる彼は、生まれ持ったキャラクターからか、誰からも愛され、周囲を楽しく笑顔にさせる。

スピアーズがどんな時も明るく前に進めるのは間違いなく彼の存在が大きい。

時に軽やかステップで敵を翻弄し、時に瞬時のスピードで抜き去る、そして時に真っ向勝負でフィジカルの強さを

見せつければ、空中戦にも怯まない。

たくさんの武器を持ち、多くのチャンスを作り、少ないチャンスをも確実にものにする華麗で力強いWTBだ。

 

迎える2ndステージ第1節、彼がボールを持てば持つほどスピアーズのラグビーは勢いを増し、会場を楽しませる

ことになるだろう。

そのプレー、そのキャラクター、試合が終われば誰もが「ジョン」に夢中になるかもしれない。

 

ご注目ください。

 

 

 

 

 

前の記事へ  |  次の記事へ