トップリーグ2ndステージ第1節 豊田自動織機戦 選手コメント

スピアーズファンの皆さま、トップリーグ2ndステージ第1節 豊田自動織機戦へのたくさんのご声援ありがとうございました。


出場選手の中から、数々のチャンスを作った攻守にわたる激しいプレー、そして絶大なるリーダーシップで

勝利に貢献、CTBセイララ・マプスア選手のコメントをお届けします。

 

豊田自動織機戦 セレクト (18).jpg

【セイララ・マプスア選手のコメント】

まずはとても良いチームである豊田織機に勝つ事ができた事をとても嬉しく思います。
この試合は大変な苦戦を強いられ、特にコンタクトエリアでは自分達が思うようなパフォーマンスをさせてもらえませんでした。
前半では大きなプレッシャーを受け、なかなかクボタの勢いを構築する事が出来ませんでしたが、なんとかその中でも耐え切ったことで相手に多くの得点を許すことなく凌ぐ事ができました。 
 
個人的にはイエローカードになってしまった事でチームが相手よりも1人少ない状況で戦う事になってしまい申し訳なく思っています。
けれども、それ以外のパフォーマンスには満足しています。
 
春シーズンと今を比べるとクボタは徐々にチーム力が向上してきていると思います。
チームの共通認識としての「次の試合が一番大切な試合」という考えに基づき
毎試合目の前の対戦相手にフォーカスをして最大限の努力をしていきたいと思います。
 
チームとして成功するためには一人一人が毎週レベルアップをしなければなりません。

サポーターのみなさんはチームの大切な一員です。
どうか大きな声で応援を宜しくお願いします。グラウンドでの皆さんの声援が私達の大きな力になります。
皆さんの応援には良いパフォーマンスをやり切る事でお返しします。
ドウモ アリガトウ ゴザイマス

 

 

前の記事へ  |  次の記事へ