1/4トップリーグ2ndステージ第5節NTTドコモレッドハリケーンズ戦 注目選手

トップリーグの2013年度シーズンも佳境を迎える頃、2014年がスタート、そしてスピアーズは1月4日(土)、大阪 

長居第2陸上競技場にて新年最初の試合、NTTドコモレッドハリケーンズ戦に挑む。

 

現在首位のスピアーズだが混戦のBグループ、全く油断はできない。

ここから1つ1つの勝利がどれだけ重みのあるものなのかは、百も承知、80分間途切れないチャレンジャー精神

と勝ちへの拘りを見せ最後に笑いたい。

今節、勝利の為に多くのスコアチャンスを作り出すことも重要だが、敵のスコアチャンスを1つでも潰すことも重要だ。

 

そんな期待を背負う者、恐らくもう知らない者はないはず、今節は是非とも彼に注目したい。

背番号7 フィナウ・フィリペ

豊田自動織機戦 セレクト (59).jpg

大学時代は無名、入社当時はポジションもBKだったなんて今からは想像ができない。

 


それもそのはず、今季入社したばかりのルーキーは6月、選手登録寸前に日本国籍を取得し、開幕からスピアー

ズのポジション争い激戦地帯FLでスタメンに抜擢されると、以来1試合たりともその場所を譲ることなく、

背番号7を背負う。

 

グラウンドを見るとすっかりトレードマークとなったアフロヘアにまず目が留まる。

第3列、帰化選手としても決して大きくはない体格、これまで輝かしい実績もない彼にとってはそれも大きな武器

のひとつなのかと思わせる。

 

一度ボールを手にすると、絶妙なタイミングかボディバランスなのか、フィジカルなのかとにかく前進する。

時に力強く、時にしなやかに。 

 

攻撃で見せる数々のプレーもレギュラーとして申し分のないものだが、もう1つ忘れてはならないのは、ディフェン

スだ。

2ndステージのジャッカル数ランキングでは現在トップを走ることがそれを証明している。

 

自らが作ったチャンスもあれば味方が作ることもある、隙あらば密集でボールを奪い、ピンチからスピアーズの

攻撃ラグビーに火を点ける。

 

2014年の幕開け、スピアーズの若き背番号7、攻守で見せるその度胸あるファイトと更なる可能性から

目が離せなくなりそうだ。

 

ご期待下さい。

 

 

 

 

前の記事へ  |  次の記事へ