6/8練習試合 神戸製鋼戦 後半の追い上げあと一歩及ばず

6月8日(日)に行われました2014年度春の練習試合第3戦 神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦は、17-24で勝利はなりませんでした。

隧ヲ蜷・FK14_kubotasinko_359.JPG

前日までの大雨とうって変わり快晴となったこの日、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で兵庫県ラグビーフェスティバルとして行われた神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦は、朝から様々なカテゴリーの試合も行われ多くファンやラグビー関係者で賑わう中、午後2時のキックオフを迎えました。

昨シーズン、トップ4の神戸製鋼にチャレンジャーとして挑んだスピアーズ、けれども開始からリズムを掴んだのは神戸製鋼、6分にラインアウトからのモール攻撃で先制を許しました。

その後、スピアーズも再三攻撃を仕掛けますが神戸製鋼の堅いディフェンスの前になかなかチャンスを掴めず、互いにミスもあって試合は拮抗、終盤に入った32分、再び神戸製鋼に追加点を許し、0-12で前半を終えました。

後半に入り、最初にスコアチャンスを掴んだのはスピアーズ、2分、敵陣でペナルティゴールのチャンスを得るとSO森脇選手が決めて3-12。

このままいっきに追い付きたいスピアーズ、けれども立ちはだかる神戸のディフェンスの前に、なかなか敵陣に攻め込むことができず22分、26分に立て続けにラインアウトからのモール攻撃でトライを許し、3-24とスコアが開きました。

しかし諦めずに攻撃を続け、次第に神戸の反則を誘い敵陣でゲームをコントロールすると、33分、ゴール前でのラインアウトからモールで前進、ラックからPRタキタキ選手が持ち出し漸く待望のトライ。
SOスミス選手のコンバージョンも決まり10-24、その後もとにかく攻めるスピアーズ、終了間際にも相手のペナルティからゴールライン目前でのラインアウトのチャンスを得ました。

確実にキャッチするとモールでじわじわと前進、ゴール前ラックから、LO前川選手が意地のトライ。
SOスミス選手のコンバージョンも決まり、17-24。

終了間際に2トライをあげ追い上げるもののあと一歩及ばず、白星はなりませんでした。

暑い中、また遠方からたくさんのご声援ありがとうございました。

隧ヲ蜷・FK14_kubotasinko_165.JPG

隧ヲ蜷・FK14_kubotasinko_258.JPG

隧ヲ蜷・FK14_kubotasinko_204.JPG

隧ヲ蜷・FK14_kubotasinko_282.JPG

隧ヲ蜷・FK14_kubotasinko_542.JPG

隧ヲ蜷・FK14_kubotasinko_619.JPG

【次戦のお知らせ】

6月14日(土)13:00KO vsコカ・コーラレッドスパークス @クボタ船橋グラウンド

前の記事へ  |  次の記事へ