8/30トップリーグ第2節パナソニックワイルドナイツ戦 注目選手

夏真っ盛りの中、開幕した2014-2015ジャパンラグビートップリーグは早くも間もなく第2節のキックオフを迎える。

開幕戦はどのチームにとっても特別勝ちたかった試合、けれども勝負の世界、例えどんなにいい準備をし、自信

を持って挑んでいたとしても80分後には笑う勝者と肩を落とす敗者がいた。

スピアーズは後者だ。

あれから1週間、敗戦をひきずる必要も暇もないが、その悔しさは今節の勝利への強い拘りへと変わった。

そして待ち受ける対戦相手が昨年のチャンピオンチーム パナソニックだということも、その思いを掻き立てる。

勝利への拘り、王者への大きなチャレンジ、今節秩父宮でスピアーズがその思いを爆発させ、どんな戦いを見せ

るのかその目で確かめるしかない。

早くも迎えたまさに大一番、誰もが昂る思いを胸にキックオフを待つ中、彼にとっては、その思いもひとしおだった

のではないだろうか。

背番号2 立川 直道

第二節 (55).jpg

入社4年目、抜群のリーダーシップと常に100%、いや120%の熱い男は今シーズン、スピアーズのキャプテンに

大抜擢、常日頃から誰よりも責任感ある行動と言動でチームを引っ張り、そしてチームメイトからの厚い信頼を背

負って、トップリーグの開幕を特別心待ちにして違いない。

だが、開幕戦でのメンバー入りはならなかった。

もちろんいろんな思いが交錯したはずだ。でもだからと言って彼の120%は何も変わらない。

それだけチーム内でのポジションの争奪戦も激化し、それだけスピアーズが強くなっている証拠だ。

そして、今節、見事にスターティングメンバーを勝ち取った。

この第2節 パナソニック戦は彼にとってキャプテンとして挑む最初のトップリーグの舞台となる。

80分間厳しい戦いになることは間違いない。

けれどもどんな厚い壁にも怯むことなく突き進み、どんな巨漢にも身体を張って突き刺さる、苦しい時にはそんな

頼れるキャプテンがいる。

大きな鍵を握るセットプレー、スクラム、ラインアウトでその中枢を担う彼のプレーとリーダーシップが必ずスピ

アーズにチャンスをもたらすだろう。

開幕したばかりのトップリーグで迎えたチャンピオンへの大きなチャレンジ、スピアーズらしさと勝利への拘りを誰

よりも体現する背番号2に是非ともご期待下さい。

第三節 (19).jpg

前の記事へ  |  次の記事へ