9/14トップリーグ第4節 NTTコムから終了間際の逆転勝利、今季2勝目

9月14日(日)18時20分より茨城 ケーズデンキスタジアム水戸にて行われましたジャパンラグビートップリーグ

第4節 NTTコミュニケーションズ戦はシーソーゲームの末、終了間際に逆転、29-27でクボタスピアーズが勝

利、今季2勝目をあげました。

IMG-0978.jpg

前節で東芝から勝利をあげたとはいえ、3節を終わってまだ8位のスピアーズ、1つでも上に順位をあげるために

はこの試合も負けるわけにもいかない一戦、同じ千葉県に拠点を置くNTTコミュニケーションズはまだトップリー

グで勝ち星をあげたことがない宿敵、試合開始から予想どおりの激闘が繰り広げられました。

最初に主導権を得たのはスピアーズ、果敢にボールを動かし勢いよく何度も何度も攻撃を仕掛け、10分にPGで

先制しました。

今度はNTTが仕返しとばかりに攻め込み、17分にPGで同点とすると、25分にもミスからトライを許しました。

しかし直後の26分、キックオフボールをNO.8ソアカイ選手がキャッチすると、そのまま敵陣へと持ち込み、FLフィ

ナウ選手に繋いでトライ。

CTB立川選手のPGも決まり10-10、試合は振り出しに戻りました。

けれども34分に再びNTTに勝ち越しトライを奪われ10-17、わずかにリードを許して前半を終えました。

IMG-0290.jpg

IMG-0333.jpg

IMG-0412.jpg

IMG-0543.jpg

後半に入ると再びスピアーズの攻撃に火が点き、早々1分、敵陣でボールを縦横に動かしFL田村選手がディフェ

ンスを跳ね飛ばしてトライ。

11分にはCTB立川選手が50mのPGを決めてついに18-17と逆転に成功、更に14分にもテンポよく攻めこみ、

FWがゴールラインへ迫り左へ展開、WTB田中選手が左隅に飛び込み追加点、23-17としました。

だが更に拮抗した展開が続き、その後、互いにPGを決めて26-20、26分にはスクラムからNTTコムに逆転トライ

を奪われ26-27。


ここからラスト10分、手に汗握る攻防が繰り広げられ、40分、自陣ゴール前でのマイボールスクラム、ホーンが

鳴りラストプレーが知らされると、攻めるしかないスピアーズはペナルティも、ミスもできない追い込まれた状況の

中、苦しみながらも確実に前進、18フェイズを重ね、敵陣へ、そして44分、ポスト正面でのついにPGのチャンスを

得るとCTB立川選手が決め、29-27でノーサイド。

チャレンジャー精神と絶対に諦めない気持ちを80分を過ぎても途切れさせず、今季2勝目をあげました。

たくさんのご声援ありがとうございました。

IMG-0606.jpg

IMG-0876.jpg

IMG-0948.jpg

IMG-0990.jpg

IMG-0987.jpg

IMG-1036.jpg

【次戦のお知らせ】

9月21日(日) 15:00KO トップリーグ第5節 vsヤマハ発動機ジュビロ @新潟陸上競技場

前の記事へ  |  次の記事へ