9/21トップリーグ第4節 諦めない80分の激闘、首位ヤマハとドロー

9月21日(日)15時より新潟市陸上競技場にて行われましたジャパンラグビートップリーグ第5節 ヤマハ発動機

ジュビロ戦は80分間両者一歩も譲らないの激闘の末、28-28で引き分けとなりました。

IMG-0480.jpg

2戦連続の接戦を制したスピアーズは第5節 第2のホーム新潟で得点力の高さとスクラムの強さに定評のある

好調ヤマハと激突、この日も開始早々から息つく暇もない展開となりました。

4分、自慢のスクラムでプレッシャーをかけ、ラインアウトからのモール攻撃で先制したのはヤマハ、すぐにスピ

アーズが反撃、敵陣へと攻め込み縦、横へとボールを動かしゴールラインへと襲いかかりますが、立ちはだかる

ヤマハの壁の前になかなかスコアを奪うことができず、12分、ハーフウェイ付近相手ボール、キックから毀れた

ボールをそのまま持ち込まれ追加点を許し、0-14とリードが広がりました。

その後もヤマハのディフェンスの激しいプレッシャーを受けながらも敵陣でゲームをコントロール、何度ボールを

奪われても攻め返し、27分に漸く最初のスコアチャンスがやってきました。

敵陣深くへ攻め込むと、素早くボールを動かし、ゴール前中央ラックからSH茂木選手、CTB立川選手、WTB田

中選手と長いパスを繋いで、ボールをもらった田中選手が左隅に飛び込みトライ。

難しい角度のコンバージョンもCTB立川選手が決めて7-14。

33分には敵陣での相手ボールスクラム、毀れたボールをSH茂木選手が拾うとそのままディフェンスを振り切りっ

てゴールラインまで走りきりトライ、14-14と振り出しに戻しました。

37分に再びヤマハにモール攻撃からのトライを奪われ、14-21、射程圏内のリードを許し、前半を終えました。

IMG-0197.jpg

IMG-0264.jpg

IMG-0323.jpg

IMG-0340.jpg

これ以上離されるわけにはいかないスピアーズは後半開始からエンジン全開、6分、敵陣でのラインアウト起点

の連続攻撃からFLフィナウ選手がゴール中央に持ち込みトライ。コンバージョンも決まり、21-21。

更に、24分、CTBトエアバ選手のトライでついに逆転に成功しました。

けれども当然これでは終わらず、終盤に入った31分ヤマハが再逆転しスコアは28-28。

ラスト10分を切り、更に攻防が激化、いつどちらにスコアが入るのかエキサイティングな展開に会場も歓声とため

息の連続となりました。

時間が過ぎる中、スピアーズの勝ち越しトライに向かって怒涛の攻撃、だがこれをヤマハが凌いで、猛反撃、

ホーンが鳴り、懸命に守るスピアーズ、我慢強くプレッシャーをかけミスを誘い、ここでノーサイド。

勝利をあげることはできませんでしたが、今節も見せた80分間絶対に諦めないスピアーズのチャレンジは確実に

チームが前進していることとどんな強豪相手でも通用する手応えを証明しました。

たくさんのご声援ありがとうございました。

IMG-0448.jpg

IMG-0590.jpg

IMG-0747.jpg

IMG-0753.jpg

また この試合でHO荻原 要選手がクボタスピアーズ初となるトップリーグ100試合出場を達成致しました。

2004年度シーズンの開幕戦でトップリーグデビュー、11年目のシーズンとなった今年も開幕戦からスターティン

グメンバー入り、第5節のヤマハ発動機ジュビロ戦で見事達成、試合後には奥様からの花束の贈呈のセレモ

ニーも行われました。

IMG-0820.jpg

IMG-0825.jpg

 

【次戦のお知らせ】

9月27日(土) 13:00KO 練習試合 vsパナソニックワイルドナイツ @パナソニックグラウンド

前の記事へ  |  次の記事へ