9/27練習試合 接戦の末、パナソニックに惜敗

9月27日(土)に行われました練習試合 パナソニックワイルドナイツ戦(13時KO パナソニックグラウンド)は21-

25でスピアーズの勝利はなりませんでした。

パナ戦セレクト (4).jpg

パナ戦セレクト (20).jpg

残暑を思わせる強い日差しが照りつける午後1時、パナソニックのキックオフで試合が始まりました。

リーグ戦では大差で敗れた相手でけにリベンジしたいスピアーズでしたが、開始早々の1分キックオフからの攻

撃でそのままパナソニックが先制。

仕切り直してスタートすると直後2分、キックカウンターからFBポキ選手が、自慢の俊足で次々とディフェンスを抜

き去りトライ。SO高橋(銀)選手のコンバージョンも決まり試合はすぐに振出しに戻りました。

ここからしばらく行ったり来たりの激しい攻防が続く中、7分にペナルティゴール、19分にラインアウトモールから

パナソニックがスコアを重ね、7-15とスピアーズが追いかける展開に。

その後も何度も敵陣へと攻め込みますが、ペナルティやミスもあってなかなかリズムに乗れないスピアーズ、そ

れでも粘り強く攻め続け、漸くチャンスがやってきました。

34分に敵陣10m付近のセンタースクラムからNO.8高森選手が持ち出し、まさにセブンズ仕込みのランニングを

見せそのままトライ。コンバージョンも決まり14-15、わずかなリードを許して前半を終えました。

パナ戦セレクト (11).jpg

パナ戦セレクト (55).jpg

後半が開始すると早々の3分、再びカウンター攻撃からボールをもらったFBポキ選手が鮮やかなランニングで走

りきってトライ。SO高橋(銀)選手のコンバージョンも決まり、ついに21-15と逆転に成功しました。

いっきに突き放したいスピアーズでしたがここから再び拮抗、攻守が目まぐるしく入れ替わる攻防が続きました。

そして終盤に入った33分、自慢のディフェンスでのターンオーバーからパナソニックがトライ、ついに逆転を許し

ました。

最後まで諦めずにアグレッシブに攻撃を仕掛けるものの、追加点をあげることができず、終了間際にペナルティ

ゴールを決められ、21-25でノーサイド。

惜しくもトップリーグのリベンジはなりませんでした。

遠方までたくさんのご声援ありがとうございました。

パナ戦セレクト (96).jpg

パナ戦セレクト (69).jpg

パナ戦セレクト (101).jpg

パナ戦セレクト (103).jpg

 

【次戦のお知らせ】

10月4日(土) 12:00KO 練習試合 vs東芝ブレイブルーパス @クボタ船橋グラウンド

*オーストラリアのニューカッスル大学を交えて三つ巴で実施

 

前の記事へ  |  次の記事へ