1/11TL2ndステージ第7節近鉄ライナーズ戦 注目選手

トップリーグセカンドステージもいよいよ最終節、間もなく最終順位を決める運命のキックオフを迎える。

4節から連敗、現在5位のスピアーズは、追い込まれた状況であることは言うまでもない。

けれども、目標は何も変わってはいない。

ワイルドカードトーナメント、そして日本選手権に出場すること。

チャンスがある限り、そのためにやるべきことは明確だ。

どんな時も勝つことと勝ち方にも拘る姿勢で相手より上回り、トップリーグの総決算となるスピアーズのラグビー

を80分間貫き通したい。

そして花園をホームに変える大応援団の前で必ず勝利を掴みたい。

対戦相手は古くから大型FW、スクラムに定評のある近鉄ライナーズ、今節 鍵を握るのは間違いなくFW戦、そ

してセットプレーになるだろう。

ならば地元は大阪、スクラムの中枢を担う彼が大暴れしてくれることに期待したい。

背番号2 後藤 満久。

豊田戦セレクト (22).jpg

キャプテンの立川、スピアーズで初めてトップリーグ100CAPを達成したベテラン荻原、今季よりHOに転身、早

くも頭角を現す杉本ら背番号2のポジション争いはいつも熾烈だ。

そんな中で今節スターティングメンバーに抜擢されたのは後藤。

一言でいうと「激しい奴」。

トップリーグの第1列としてはそれほど大きくない。

けれども、どんな巨漢にも劣らない突進力、粘り強さ、そして勝負強さ、グラウンドで見せる、いや我々の見えな

い暗い密集の中でもその存在感は偉大だ。

年齢的にも、ポジション的にも、そして根っからの勝負師といわんばかりの気性と痛がらない、諦めないプレーで

でFWを牽引し、チームに勢いを与える。

今節、自分の担う重責を本人が最も理解した上で、もう「やるしかない」覚悟を決めているに違いない。

安定したスクラム、ラインアウト、そして球際でのファイト、背番号2の覚悟と行動がFW、そしてチームに大きなエ

ネルギーを与え、必ず勝利を呼ぶだろう。

ご期待下さい。

東芝戦 セレクト (102).jpg

goto3.jpg

goto2 (2).JPG

前の記事へ  |  次の記事へ