1/4TL2ndステージ第6節NTTドコモレッドハリケーンズ戦 注目選手

2014-2015トップリーグセカンドステージも残すところあと2試合、最終順位を決めるために勝利はもちろん、ボー

ナスポイントや得失点差までが明暗を分けることになる。

スピアーズは2015年最初の試合を第2のホーム 大阪で迎える。

対戦相手はセカンドステージBグループで最も勢いにのるNTTドコモレッドハリケーンズ。

2連敗中のスピアーズにとっては必勝の思いで挑む一戦となる。

どんな形であれ一点でもスコアで上回る、そのためにもこの重要な試合で、彼がいつもの如くトライを取りきって

くれることに期待したい。

背番号11 宮田 拓哉。

takuya1.JPG

今季メンバーに名を連ねたのはセカンドステージに入った第3節、後半から出場すると、これまで溜めこんでい

たエネルギーを大爆発させるかのようにグラウンドを駆け回り、見事なランニングでディフェンスを翻弄、トライも

決め勝利に貢献した。

以来3戦連続出場し、3戦連続でトライをあげている。

それらのシーンがとても印象深く残るのは直近の試合だったからだけではない。

その全てがスピード、ステップ、タイミング、WTBとしての責任と自分らしさとを存分に発揮したトライだったからだ

ろう。

自分と味方、そしてディフェンスとの状況を瞬時に判断、パスとキックとランを巧みに使いわけ実に華麗に、そし

て時に力強く好機を演出する。

「ボールを持てばスコアが生まれる」そんな予感を見る者誰もが抱く選手だ。

無論その俊足はアタックのためだけのものではない。

ディフェンスではゴールラインへ迫った敵へ食らいつき、絶対絶命のピンチを救うこと数知れず。

チャンスを掴み取り、そしてそのチャンスを確実にものにした背番号11、戦う場所がある限り、まだまだ進化を遂

げるだろう。

まずはこの負けられない一戦で必ずやその手、その足から勝利とそして日本選手権出場に繋がるトライが見ら

れるに違いない。

背番号11、ご期待下さい。

 takuya2.jpg

  takuya3.jpg

  

  takuya4.jpg

前の記事へ  |  次の記事へ