9/5TLプレシーズン第1節 神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦注目選手

ワールドカップが刻々と迫る中、ジャパンラグビートップリーグ2015-2016シーズンが開幕する。

プレシーズンリーグ、レギュラーシーズンと少しイレギュラーな今シーズンだが、どんな形式であれスピアーズに

とっては昨シーズンの雪辱を果たす大きなチャレンジのシーズンとなる。

期待の新戦力も加わり、各ポジションの厚みも増したスピアーズ、春から日々の練習、合宿、強化試合の中

でベテランも若手も関係なく激しいポジション争いを繰り広げ新シーズンを迎えた。

誰もが掴み取りたい開幕スターティングメンバー、選ばれた23名は今、それぞれの思いでキックオフを待つ。

彼もまた移籍2シーズン目にして初めてそのチャンスを掴んだ。

背番号9 アンダーソン ネーサン

936-1.jpg

人より迸る思いが強いとしたら、それもそのはず。

敵は神戸製鋼。

強豪であることは言うまでもないが、彼にとっては6シーズンを過ごした古巣との対決になる。

SHというポジション、FWとBKの繋ぎ役となり、テンポの良いパス捌きで攻撃の起点となることはもちろんだが、

身体を張ったプレーが一際目を引く。

アタックでは隙を見つけて自ら仕掛け、ディフェンスでは狙った敵を確実に倒すタックル。

その身体から飛び出すビッグプレーが周囲を奮起させ流れを変える。

他の選手にはない経験と、英語と日本語を流調に使い分け、日本人選手と外国人選手の意思の疎通を

はかる高いコミュニケーション能力、スピアーズにとってはグラウンド内外で不可欠な存在だ。

今節、神戸製鋼を相手に、その成長した姿、活躍する姿を見せつけたいと思うとすれば、実に自然なことだろう。

それは、誰よりも敵を知り、リスペクトできるからこそできるのかもしれない。

背番号9、この掴みとったチャンスで全てを出し切るだろう。

どうぞご注目ください。

ねーさん1.jpg

ねーさん3.jpg

前の記事へ  |  次の記事へ