9/5TLプレシーズン第1節 神戸製鋼へチャレンジ、開幕白星ならず

9月5日(土)、19時よりヤンマースタジアム長居にて行われましたジャパンラグビートップリーグ プレシーズン

リーグ第1節 神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦は前半リードするも、スピアーズの勝利はなりませんでした。

Web邏榊刀蛻・FK15_vskobelco_106.JPG

ジャパンラグビートップリーグ プレシーズンリーグはまだ蒸し暑さの残る午後7時、スピアーズのキックオフで幕

が開けました。

最初にボールを支配し攻撃を仕掛けることに成功したスピアーズは神戸陣内で試合を展開、10分、自ずとスコア

チャンスが到来、SO高橋選手がPGを決めて先制に成功しました。

その後も攻めるスピアーズに守る神戸製鋼、激しい攻防が続きますが、互いにミスもあって、スコアは動かず、陣

地を行ったり来たりしながら時間が経過しました。

次第に再び敵陣深くへ攻め込んだスピアーズが次なるチャンスを掴みます。

29分、再びPGのチャンスを得るとSO高橋選手が決めて6-0、拮抗した試合展開の中、着実にスコア

を重ねていったのも束の間、この後神戸の怒涛の反撃、ゴール前で粘りのディフェンスを見せますが、34分 つ

いにトライを許し6-5、わずかなリードで前半を折り返しました。

後半が開始すると更にリードを広げたいスピアーズが最初のチャンスを掴みます。

激しく攻める中、6分にPGのチャンスを得るとSO高橋選手がきっちり決めて追加点、9-5としました。

けれども、直後 キックオフから神戸が反撃、連続攻撃の末トライを許し、9-12ついに逆転を許しました。

仕切り直してリスタート、とにかくトライが欲しいスピアーズは敵陣へと攻め込みますが、神戸のディフェンスの前

に思うように前に出れずに陣地を戻され、再び神戸の攻撃、懸命のディフェンスの間をついて、11分にも神戸に

トライを奪われました。

その後何度も敵陣深くへと攻め込みますが、決定的なチャンスを作れず、刻々と時間が過ぎました。

次第に神戸が自陣へと攻め込み再び我慢のディフェンス、そして30分、PGでの追加点を許し9-22、

残り時間が更に少なくなる中、続く神戸の怒涛の攻撃を凌いで敵陣へ、ゴール前で猛攻を見せるも、

トライを奪うことができず、そのままノーサイド、開幕白星はなりませんでした。

たくさんのご声援ありがとうございました。

第2節 NTTコミュニケーションズ戦ではスピアーズらしい攻撃で勝利を掴み取りたいと思います。

温かいご声援をよろしくお願いします。

Web邏榊刀蛻・FK15_vskobelco_023.JPG

Web邏榊刀蛻・FK15_vskobelco_039.JPG

Web邏榊刀蛻・FK15_vskobelco_049.JPG

Web邏榊刀蛻・FK15_vskobelco_034.JPG

Web邏榊刀蛻・FK15_vskobelco_078.JPG

Web邏榊刀蛻・FK15_vskobelco_085.JPG

Web邏榊刀蛻・FK15_vskobelco_089.JPG

Web邏榊刀蛻・FK15_vskobelco_094.JPG

【次戦のお知らせ】

9月11日(金) TLプレシーズンリーグ第2節 

vsNTTコミュニケーションズシャイニングアークス 19:30KO @秩父宮ラグビー場

前の記事へ  |  次の記事へ