ワールドカップ2015を終えて 立川 理道選手のコメント

10月13日(火)、ラグビーワールドカップ2015で優勝候補の南アフリカから大金星、またサモア、アメリカからも勝

利をあげ予選プール3勝という快挙を成し遂げた日本代表が帰国しました。

スピアーズの立川 理道選手は4試合に全てスターティングメンバー入りし、背番号10、12、13と多くのポジショ

ンで出場、どのポジションでも持ち味を存分に発揮、日本代表の勝利に大きく貢献致しました。

帰国翌日14日(水)にはスピアーズのクラブハウスに元気な姿を見せてくれました。

ワールドカップを終えての立川 選手のコメントをお届けします。

           南ア7.JPG

【立川 理道選手のコメント】

まず4年間の日本代表活動期間を支えてくれた会社関係者、スピアーズ、家族、ファン の皆様に感謝していま

す。

この4年の集大成であるW杯で、3勝1敗という結果を残せたことは、日本ラグビーの歴史を変えたと思います
 
し、そのメンバーに入れた事を誇りに思います。
 
しかし、目標であった準々決勝進出は出来ませんでした。
 
W杯は結果が全てです。
 
3勝1敗でも準々決勝に進めなかった事実を受け止め、2019年には必ず成し遂げられるように、
 
しっかりと今の自分達を見つめ直す必要があると思います。
 
今回のW杯の結果をスタンダードに考え、4年後に向けて少しずつ積み上げていきたいと思います。
 
本当にたくさんのご声援ありがとうございました。
 
間もなく開幕する ジャパントップリーグ レギュラーシーズンへの応援もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

ワールドカップ集合.JPG

前の記事へ  |  次の記事へ