12/26TL第7節リコーブラックラムズ戦 注目選手

ジャパンラグビートップリーグは間もなくレギュラーシーズン最終節のキックオフを迎える。

グループの最終順位を決める重要な一戦であり、2015年を締めくくる試合、各地で熱戦が繰り広げられることになる。

前節 パナソニックに僅差の負けを喫したスピアーズ、惜しい負けはもういらない。

今節は勝負の分かれ目を制し、そして必ずノーサイドの瞬間に笑う。

自分達の順位を上げることはもちろん、スピアーズの進化が問われる一戦に並みならぬ覚悟で挑みたい。

勝利を掴み取るため開始から主導権を握りたいスピアーズ、まずは頼れる司令塔のチャンスメイクに注目したい。

背番号10 森脇 秀幸。

hide1.JPG

 

瞬時の判断は時に勝敗をも左右する。

どれほど苦しい局面でもプレッシャーがかかろうとも、常に冷静沈着でいなければならない。

パスなのか、キックなのか、それともランなのか、迷いなき判断とプレーの正確さを求められるポジションで、今や不動のレギュ

ラー、皆の絶大なる信頼を背負ってスピアーズの頭脳を司る。

プレーに特別な派手さはなくとも、無駄がなく一切のムラもない。

敵を知り、味方を知り、そして風をよむ。

グラウンドの上のみならず勝つための日々の努力は決してうらぎらないのだ。

その常に正確なパスは攻撃の起点となり、数々の好機を演出、その常に正確なキックは大きなピンチをチャンスと変える。

容赦なく縦突進を見せる巨漢や世界的なプレイヤーには決して怯まず立ちはだかる。

その肩に背負う責任がどれほど重くとも、そこから逃げることはない。

迎えるリコー戦、冷静な判断と正確なスキルで、大阪の多くのサポーターの前で必ずや勝利を掴み取りたい。

レギュラーシーズン リーグ戦の総決算、背番号10の勝利を呼ぶゲームメイクに好ご期待。

 

vskintetu079.JPG

vssuntoryweb152.JPG

前の記事へ  |  次の記事へ