1/23TL順位決定トーナメント3回戦 最終戦白星ならず、12位でシーズンを終える

1月23日(土)、12時00分より東大阪市 花園ラグビー場にて行われましたジャパンラグビートップリーグ 順位決定トーナメ

ト3回戦 ホンダヒートは38-45でスピアーズの勝利はなりませんでした。

 

web邏榊刀逕ィ繝ェ繧オ繧、繧ケ繧呎ク・webvsheat186.JPG

快晴の空の下キックオフを迎えた今季の最終戦は開始早々から果敢にボールを動かし敵陣へと攻め込んだスピアーズが

1分に立川 理道選手のトライで先制、幸先の良いスタートから幕開けました。

更に6分にも敵陣でPGでのチャンスを得るとSO森脇選手が決めて10-0、試合の入りは完璧、その後もアグレッシブに攻撃を

続けました。

しかし最終戦に懸ける思いは同じ、ホンダも次第に陣地を挽回、そして14分にスクラムからの攻撃で、トライを許しました。

ここから激しいボールの争奪戦、スピアーズも我慢のディフェンスからトライチャンスを何度も掴みますが、惜しくもならず、拮抗した

まま終盤へと突入しました。

そして27分、ついにホンダに逆転トライを許すと、そのままホンダのペースに。

ゴール前でのチャンスでなかなか取りきれないスピアーズに対し、終了間際にもターンオーバーからトライを許し10-19、ビハイン

ドを追って前半を折り返しました。

巻き返しを誓って挑んだ後半、けれどもホンダの勢いは更に増し、4分、6分と立て続けにトライを奪われ、10-31と一時は大きくスコ

アが開きました。 

ここからスピアーズも意地を見せ、11分の高橋銀太郎選手のトライを皮切りに23分には相手ペナルティから素早いスタート、最後

は宮田選手が飛び込み連続トライ。

31-24とじわじわと追い上げました。

流れを掴みかけたところ、29分に再びホンダがトライ、その後互いに1本づつ取り合い31-45となり終盤へ。

最後まで粘りを見せるスピアーズは終了間際にLO前川選手のトライで38-45と迫りますが、間もなくノーサイド。

最終戦を勝利で飾ることはできず、2015-2016シーズン ジャパンラグビートップリーグは最終順位 12位で終えました。

シーズンを通してたくさんの温かいご声援本当にありがとうございました。

今シーズンの結果をしっかりと受け止め、また新たな目標を掲げ、その目標を達成できるように、そしてもっともっとたくさん勝利の喜びをファンの皆様と分かち合えるように新シーズンに向けて準備をしたいと思います。

引き続き、スピアーズへご声援をよろしくお願いします。

 

web邏榊刀逕ィ繝ェ繧オ繧、繧ケ繧呎ク・webvsheat001.JPG 

web邏榊刀逕ィ繝ェ繧オ繧、繧ケ繧呎ク・webvsheat018.JPG

 

web邏榊刀逕ィ繝ェ繧オ繧、繧ケ繧呎ク・webvsheat028.JPG

 

web邏榊刀逕ィ繝ェ繧オ繧、繧ケ繧呎ク・webvsheat083.JPG

 

web邏榊刀逕ィ繝ェ繧オ繧、繧ケ繧呎ク・webvsheat148.JPG

 

web邏榊刀逕ィ繝ェ繧オ繧、繧ケ繧呎ク・webvsheat154.JPG

 

web邏榊刀逕ィ繝ェ繧オ繧、繧ケ繧呎ク・webvsheat224.JPG

 

web邏榊刀逕ィ繝ェ繧オ繧、繧ケ繧呎ク・webvsheat223.JPG

前の記事へ  |  次の記事へ