1/9TL順位決定トーナメント1回戦 NEC戦 注目選手

ジャパンラグビートップリーグは間もなく2016年最初の試合、順位決定トーナメント1回戦のキックオフを迎える。

勝って新年をスタートをしたい思いはどこも同じ。

だがそれだけではなく、この1戦の勝敗は今シーズン最終順位を決める上での大きな分かれ目となるのだ。

各地どの会場でも、まさに後がない戦いが繰り広げることになる。

同じ千葉に拠点を置くNECグリーンロケッツとの一戦が迫るスピアーズはリーグ戦後半に入り勝ち星を掴み確実に上昇気

流にのっている。

今更スペシャルなんて必要はない。

ただ自分達のベストをぶつけるだけ。

今節、そのはち切れんばかりのフィジカルが、敵を蹴散らし勝利に繋がる突破口を切り開くだろう。

 

背番号11 田中 健太

kennta1.jpg

 

 昨シーズン、それまでの慣れ親しんだポジションCTBからWTBにコンバート、間もなくレギュラーに大抜擢されると

以降メンバーに定着、多くのトライもあげる活躍を見せた。

好調の波、いやその実力を今季も遺憾なく発揮、プレシーズンの開幕でスターティングメンバー入りを果たすと、そこから全試合ほ

ぼフル出場に近くグラウンドに立ち続ける。

その理由。

彼のプレースタイルはWTBに想像される華麗なステップや俊足で勝負するタイプとは一味違う。

一目瞭然のトレードマークのようなその鍛えられたフィジカル、そこから飛び出すまさにパワー勝負を征する、

なんとも逞しい「らしさ」が、根源にあるのだろう。

ボールを持てば、パワフルなランニングでディフェンスを蹴散らし、そう簡単には止まらない。

自らがビッグゲインを見せてチャンスを作ることもあれば、ライン際の堅実なプレーで生きたボールを味方に繋ぐ。

ディフェンスではどんな巨漢に激しくクラッシュしようともびくともしない。

今節も彼のその強さ、激しさ、勇敢さが勝利に繋がる鍵となる。 

そして多くのファンが待ち望むレギュラーシーズン以降まだ見ぬ彼のトライシーンが見られる予感がする。

筋肉の鎧を纏う背番号11、どうぞご期待下さい。

vskintetu035.JPG

 

kenta2.jpg 

 

 

 

前の記事へ  |  次の記事へ