9/10トップリーグ第3節豊田自動織機シャトルズ戦 注目選手

ジャパンラグビートップリーグは間もなく第3節のキックオフを迎える。

 

開幕から2連敗となったスピアーズだが、落ち込んでいる暇などない。

惜しかった過去も、らしくなかった過去も、変わらないが、明日の勝負の

結果は自分達の手で変えられる。

再び秩父宮に戻って、迎え撃つのは豊田自動織機シャトルズ。

互いに何がなんでも初勝利が欲しい一戦、開始から火花の散る戦いになるだろう。

 

 

今節注目したいのは今や単なる助っ人なんて言葉では表現できない、外国人選手だ。

各チームともにラグビー強豪国から今年も多くの新戦力が加入、チーム内で中心選手として熾烈な外国人選手枠争いを繰り広げている。

スピアーズも新たに5名の選手が加入、そんな中で、まさに充実の2シーズン目のスタートをきったと言えよう彼に注目したい。 

 

今節はポジションをLOに変えての登場。

背番号5 グラント・ハッティング

webvsnttcom094.JPG

 

他の選手同様、彼もまたスーパーラグビー参戦のためチームへ本格合流したのは8月。

それでも開幕前に行われた最後のプレシーズンマッチ、セレクションに名乗りを上げると一際目を引いた。

 

2mを超える身体を惜しげもなくフルに生かし空中で地上で大暴れ、この瞬間を誰よりも待ちわびていたかのようにその存在を猛アピールした。

 

日本で、そしてスピアーズで過ごす2年目のシーズンという心の余裕もできたのだろう。

新たに加入した外国人選手達の刺激も、もちろんあったに違いない。

 

でも何よりも彼にとっては新ヘッドコーチ フラン ルディケがブルズ時代からの指揮官であり、初めからその考えを誰よりもよく理解し、コーチもまた彼のことを信頼している中、自らがスピアーズのラグビーを真っ先に体現しなければならないという使命感が生まれたからかもしれない。

 

その存在はただ聳え立つだけで、敵には脅威となり、味方には心強い支えとなる。

ボールキャリアとなれば体格からは想像できない躍動感あるランニングを見せ、サポート役となれば、誰よりも低く激しくプレーする。

そして高さと強さと安定感でセットプレーを制する彼は今節も必ずスピアーズの攻撃の起点となるだろう。

 

キックオフの迫った負けられない1戦、スピアーズのため、勝利のためにに空中で地上で大暴れするだろう背番号5にどうぞご期待下さい。
 

web邏榊刀逕ィ縲€蠕悟濠縲懆ゥヲ蜷亥セ・webTRvstoshiba286.JPG

前の記事へ  |  次の記事へ