9/17 トップリーグ第4節 Honda HEAT戦 試合レポート!

いつもクボタスピアーズを応援して頂き、ありがとうございます。

9月17日(土)19時から大阪万博記念競技場にて行われた、ジャパンラグビートップリーグ第4戦Honda HEAT戦は、18対15でスピアーズが勝利をおさめ、2連勝を飾ることができました。

vshondaweb000.JPGvshondaweb005.JPGvshondaweb009.JPGvshondaweb010.JPGvshondaweb012.JPGvshondaweb022.JPGvshondaweb030.JPG

この日は、クボタスピアーズにとって第2のホームともいえる大阪での今シーズン初の試合という事もあり、多くのお客さんにご来場頂き、バックスタンドはオレンジに染まりました。

そんな大応援団の期待に応えるべく、試合開始のキックオフから前に出続けるスピアーズでしたが、前半8分、警戒していた相手のランナーに走られ、なんとか止めるもののボールをつながれ右隅にトライされ、先制点を与えてしまいます。

vshondaweb025.JPG

それでもスピアーズは、⑩フーシェのキックを軸に試合を立て直し、敵陣でのプレーを続け徐々に流れを引き寄せていきます。

vshondaweb052.JPGvshondaweb060.JPGvshondaweb068.JPG

すると前半32分、この日終始優位に立っていたスクラムから右サイドに展開し、ラックを形成し最後は良いスピードで走りこんできた⑥萩澤がトライ!コンバージョンゴールは外れますが、5-5と試合を振り出しに戻します。

vshondaweb075.JPGvshondaweb093.JPGvshondaweb099.JPG

vshondaweb100.JPG

前半はそのまま終了し、勝負の後半戦へと入ります。バックスタンドを埋めるクボタスピアーズの大応援団!!

vshondaweb106.JPGvshondaweb121.JPGvshondaweb122.JPG

後半4分、相手にペナルティゴールを決められ、5-8とされますが、後半もスピアーズは常に敵陣で戦い続けます。

後半17分に、⑩フーシェがペナルティゴールを成功させ、8-8の同点にすると、25分には、⑫立川理が相手のディフェンスの陣形をみて、裏へチップキック。そのボールを自らキャッチし、外にサポートについて②杉本にすかさずパスを放ち、大きくゲインします。このボールをさらに展開し、最後は⑭伊藤が右隅にトライを決め、逆転に成功します!難しい位置からの⑩フーシェのコンバージョンゴールも成功し、15-8とこの試合初めてのリードを奪います。

vshondaweb184.JPGvshondaweb191.JPGvshondaweb201.JPGvshondaweb206.JPG

 

次の得点をどちらがあげるかによって、勝負の行方が大きく左右される試合展開で、次に得点を決めたのはスピアーズでした。

自陣ハーフェイライン付近で得たペナルティ。ゴールまでは60メートルはあろうかという距離のペナルティゴールを⑩フーシェが決め、18-8とリードを広げます。

その後、インターセプトから相手にトライとコンバージョンゴールを許しますが、最後はしっかりとボールをキープしノーサイド。

スピアーズが2連勝を飾りました。

vshondaweb249.JPGvshondaweb250.JPG

トップリーグは早くも序盤戦が終了し、スピアーズは2勝2敗の勝ち点9とし、10位につけています。

来週は一週間試合がありませんので、ここまでの課題をしっかしと修正し、次の近鉄戦で3連勝を飾れるようにチーム全員で取り組んでいきます。ご声援よろしくお願い致します。

Team Spears!!

vshondaweb257.JPGvshondaweb255.JPG

【次戦のご案内】

2016-2017ジャパンラグビートップリーグ第5節

vs近鉄ライナーズ戦

2016年10月1日(土)11:30キックオフ@秩父宮ラグビー場

 

前の記事へ  |  次の記事へ