8月26日(土)トップリーグ第2節 vs NTTドコモレッドハリケーンズ戦 試合レポート

8月26日(土)愛知県・パロマ瑞穂ラグビー場にて行われたジャパンラグビートップリーグ第2節vsNTTドコモレッドハリケーンズ戦は45-24でクボタスピアーズが勝利し、今シーズン初勝利を飾りました!!

vsdocomo006.jpg

vsdocomo013.jpg

共に開幕節で黒星スタートとなり、今節は何としても勝利が欲しい両チームの戦い。

前半は風下に陣取ったスピアーズ。

                                                                                                      前半2分にレッドハリケーンズにペナルティゴールを決められ0-3とリードを許しますが、前半15分、自陣から連続攻撃を仕掛けて、⑫テアウパ⇒⑬マプー⇒⑪サンダースへとつなぎ、トライ!!

⑩森脇のコンバージョンゴールも成功し、7-3と逆転に成功します。

vsdocomo041.jpgvsdocomo043.jpgvsdocomo044.jpg

このまま流れに乗って立て続けに得点したいスピアーズですが、前半18分に⑪サンダースがインターセプトを狙ったプレーがインテンショナルノッコンの反則となりシンビン。10分間の一時退場となります。

vsdocomo049.jpg

このペナルティを起点とした相手ボールラインアウトからモールを形成され、一気にゴールラインまで押し込まれトライを許します。コンバージョンも成功し、7-10とされます。

                                                                                                前半23分に⑩森脇がペナルティゴールを決め、10-10の同点に追いつきますが、キックオフなどのリスタートが安定せず、前半27分にレッドハリケーンズの外国人選手の個人技で再びトライを奪われてしまいます。

vsdocomo056.jpg

vsdocomo048.jpg

前半30分メンバー交代

⑪サンダーズ⇒㉓望月 

                                                                                               前半のうちに何とか同点に追いつきたいスピアーズは前半終了間際の39分、スピアーズボールのラインアウトから、⑫テアウパが相手を3人、4人となぎ倒して大きく前進し、連続攻撃を仕掛けます。たまらずレッドハリケーンズが反則すると⑨井上が判断良く速攻を仕掛け、反応良く走りこんできた⑮合谷にパス。そのまま走り切りトライを決めます。

vsdocomo070.jpg

vsdocomo072.jpg

⑩森脇がコンバージョンゴールを確実に成功させ、17-17の同点で前半を折り返します。

vsdocomo075.jpg

 ハーフタイムには、鹿田選手・萩澤選手・オツコロカトニ選手・スッピー君から、試合出場選手のサイン入りミニラグビーボールとスッピーノートのプレゼントイベントを行いました!!

vsdocomo078.jpgvsdocomo081.jpg 後半0分メンバー交代

④新関⇒⑲キム

vsdocomo083.jpg

vsdocomo085.jpg

風上に立った後半、テンポよく攻め込みますが後半4分、スピアーズのアタックのこぼれ球を相手選手に拾われトライを許し17-24と再びリードを奪われてしまいます。

vsdocomo100.jpg

後半10分メンバー交代

⑤アイブス⇒⑲末永

                                                                                            すぐに追いつきたいスピアーズは後半10分、敵陣10メートル付近のスクラムから展開し、⑬マプーが相手をかわし、⑮合谷にパス。スピードを活かして走り切ってゴール真下にトライ。

⑩森脇のコンバージョンゴールも成功し、24-24と再び試合を振り出しに戻します。

vsdocomo101.jpgvsdocomo104.jpgvsdocomo106.jpg

後半15分メンバー交代

①北川⇒⑰株木

連続して得点したいスピアーズは後半15分、キックカウンターから⑮合谷が相手を3人抜いてビックゲイン。

vsdocomo111.jpgvsdocomo112.jpg

このプレーを起点とした連続攻撃にレッドハリケーンたまらずオフサイドの反則を犯し、シンビンが出されます。

 

10分間、数的優位に立ったスピアーズは、後半20分に敵ゴール前からのスクラムを起点とした連続攻撃で、⑫テアウパがトライ!

⑩森脇が冷静にコンバージョンゴールを成功させ、31-24とリードします

vsdocomo120.jpg

後半22分メンバー交代

⑬マプー⇒㉒フーシェ

後半27分メンバー交代

⑨井上⇒㉑岡田

③古賀⇒⑱才田

                                                                                             後半33分には、自陣ゴール前・相手ボールスクラムというのピンチの局面で、乱れたボールに反応した㉒フーシェがキック、㉑岡田が拾い上げ、⑭近藤へパスをつなぎ50メートルを走り切ってトライ。コンバージョンゴールも成功し、38-21と勝利を大きく引き寄せます。

vsdocomo134.jpg

vsdocomo137.jpg

もう1トライを取れば、ボーナスポイントの勝ち点1が与えられる状況となり、攻撃の手を緩めないスピアーズは試合終了間際、⑩森脇⇒㉒フーシェ⇒⑮合谷⇒㉓望月のコンビで相手ディフェンスを切り裂き、最後は途中出場の⑱才田がトライ!!

試合終了のブザーが鳴り響く中、⑩森脇がすべてのゴール成功となるコンバージョンを成功させ試合終了。

                                                                                              45-21で勝ち点5を獲得しての今シーズン初勝利となりました。

vsdocomo145.jpgvsdocomo147.jpgvsdocomo150.jpgvsdocomo151.jpg

マン・オブ・ザ・マッチには2トライと効果的なランでチームを勝利に導いた⑮合谷選手が選出されました。

vsdocomo155.jpg

                                                                                             【フランヘッドコーチ コメント】

前半は拮抗した展開となったが、後半選手達が課題を修正し、良く戦ってくれた。

ペナルティなどの規律の部分やキックオフリスタートをしっかり修正しまた来週の試合に挑みたい。

                                                                                          【杉本ゲームキャプテンコメント】

前半は自分たちのペナルティやミスから失点していたので、ハーフタイムで、キックへの対応と反応をもっと早くする事と、規律を守ろうという話をした。後半は皆で意思統一ができていたし、それがスコアになって表れたと思う。

来週も頑張ります。ありがとうございました。

vsdocomo164.jpg

                                                                                                         また、この試合でPR才田選手とWTB望月選手が公式戦初出場を果たしました。2人とも途中出場ながらチームに勢いを与える素晴らしい活躍でした。次節以降の活躍にご期待下さい。
vsdocomo166.jpgvsdocomo167.jpg                                                                                                                次節は強豪・神戸製鋼コベルコスティーラーズとぶつかります。相手の強力なフォワードを封じ込め、好調なBK陣にいかに良いボールを
供給できるかがポイントになります。スクラム・ラインアウト・モールディフェンスといったセットプレーにご注目ください。
上位進出を狙うスピアーズにとって何としても勝利を手にしたい試合です。
熱いご声援をよろしくお願いします!!
vsdocomo170.jpg

【次戦のご案内】 

2017-2018ジャパンラグビートップリーグ第3節

vs神戸製鋼コベルコスティーラーズ

9月2日(土)17:00キックオフ@大阪・万博記念競技場

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事へ  |  次の記事へ