9月9日(土)トップリーグ第4節 vs 豊田自動織機シャトルズ戦 試合レポート

9月9日(土)秩父宮ラグビー場にてジャパンラグビートップリーグ第4節 vs 豊田自動織機シャトルズ戦が行われ、クボタスピアーズが27-19で勝利し勝ち点4を積み上げ、総勝ち点を「9」としました。

vsshuttlesweb009 - コピー.jpgvsshuttlesweb010 - コピー.jpg

まだまだ蒸し暑さが残る16時30分、キックオフの笛が鳴らされました。

vsshuttlesweb022 - コピー.jpg

前節の神戸製鋼戦は立ち上がりに2トライを連取され、パニックに陥ってしまったスピアーズ。

その反省を踏まえて、この試合はなんとしても先制点が欲しい所でしたが、前半8分キックチェイスの乱れを相手ウイングに突かれてビックゲインを許し、相手外国人ランナーにゴールラインまで運ばれて先制を許してしまいます。

コンバージョンゴールも成功し、0-7とされます。

                                                                                                  一番警戒していた形で先制を許す形となったスピアーズでしたが、立川理道キャプテンが「前節の反省を活かして、パニックにならないようにした」という言葉通り、落ち着いて試合を進めます。

                                                                                                 すると前半14分、相手ゴール前のマイボールスクラムから今シーズン初登場の⑧千葉がサイドアタック。前進したところで、⑫立川理⇒⑬テアウパとパスがつながり、トライ!!

⑩森脇のコンバージョンゴールは失敗しますが、5-7と点差を縮めます。

vsshuttlesweb059 - コピー.jpgvsshuttlesweb067 - コピー.jpg

このトライで流れを掴んだスピアーズは前半18分ラインアウトから連続攻撃を仕掛けてフェーズを重ね、最後は⑥グラントが抜け出してトライ!

難しい角度からの⑩森脇のコンバージョンゴールも成功し、12-7と逆転に成功します。

vsshuttlesweb078 - コピー.jpg

さらに前半終了間際、⑩森脇のキックパスを今シーズン初先発の⑪オズボーンがキャッチし、相手をかわしてトライ。

コンバージョンゴールは失敗しますが、17-7とリードを広げての折り返しとなります。

vsshuttlesweb117 - コピー.jpgvsshuttlesweb118 - コピー.jpg

vsshuttlesweb120 - コピー.jpgvsshuttlesweb124 - コピー.jpg                                                                                              ハーフタイムに行われたイベントのバズーカTシャツ打ち込みとサイン入りミニボール投げ込みを、スピアーズOBでトップリーグ公式アンバサダーを務める、吉田 英之氏と山口 貴豊氏が行いました!!

vsshuttlesweb125 - コピー.jpgvsshuttlesweb130 - コピー.jpg

スッピー君からはオリジナルノートをプレゼント!!

vsshuttlesweb131 - コピー.jpg

スピアーズメンバー交代

後半0分

⑬テアウパ⇒㉒フーシェ

                                                                                                 後半10分

①株木⇒⑰北川

③古賀⇒⑱松波

⑨岡田⇒㉑井上

                                                                                              後半16分

⑧千葉⇒⑳末永

 

風上に立った後半、一進一退の攻防が続きますが18分相手ボールスクラムにプレッシャーをかけて得たペナルティキックからラインアウトを選択し、サインプレーから⑳末永⇒②杉本へとつながりタッチライン際を駆け抜けトライ。

vsshuttlesweb157 - コピー.jpgvsshuttlesweb164 - コピー.jpgvsshuttlesweb165 - コピー.jpgvsshuttlesweb166 - コピー.jpg

コンバージョンゴールは失敗しますが、22-7とさらにリードを広げます。

 

                                                                                                   後半20分 スピアーズメンバー交代

④キム⇒⑲青木

このまま一気に追加点を挙げ、勝利を確定させたいスピアーズでしたが、直後の後半21分に相手のグラバーキックを処理しきれずにトライとコンバージョンを許し、22-12と追い上げられてしまいます。

vsshuttlesweb174.JPGvsshuttlesweb178 - コピー.jpg

しかし、前節の反省点となったスクラム・ラインアウトをこの試合ではしっかり修正し、終始優位に立つスピアーズはまたもやスクラムでペナルティを獲得⇒マイボールラインアウト獲得⇒モールという理想的な形で攻め込み最後は⑦田村がトライ!!

コンバージョンゴールは失敗となりますが、27-12と勝利と大きく手繰り寄せます。

vsshuttlesweb179 - コピー.jpg

このまま相手より3トライ多く取った勝利チームに与えられるボーナスポイント「1」を確実に取り、MAX勝ち点「5」を獲得したいスピアーズでしたが、後半34分にインターセプトから80メートル独走トライを許し、コンバージョンゴールも決められ、27-19と再び差を縮められてしまいます。

vsshuttlesweb197 - コピー.jpg

                                                                                            残り5分、互いにボーナスポイントの獲得を懸けて死力を尽くしますが、スコアは動かずこのままノーサイド。

ボーナスポイントを獲得する事はできませんでしたが、勝利を挙げ、通算成績を2勝2敗とイーブンに戻したスピアーズ。

マン・オブ・ザ・マッチには効果的なアタックとディフェンスに加えてトライも獲得し、この日19本のマイボールラインアウトを全て成功させた②杉本 博昭選手が選ばれました。

vsshuttlesweb202 - コピー.jpg

 【フランHC コメント】

先週の大敗から立ち直り、今日は勝ちに値するプレーができたと思います。

特にラインアウトとラインアウトからのアタックが素晴らしかった。

 ただ、ボーナスポイントを獲得するチャンスがあったのに、それを逃してしまった事だけが残念。

再来週のサントリーサンゴリアスさんは大きなチャレンジになる。

来週の練習試合キヤノンイーグル戦も含めて良い準備をしたい。

 

                                                                                          【立川 理道キャプテン コメント】

試合に勝利できたことは良かったけれども、自分達のミスでボーナスポイントを取り切れずに残念です。

レベルアップの為にはボーナスポイントを取り切れるチームになりたい。

ヘッドコーチのコメントの通り、良い準備をしてサントリーさんにチャレンジしたいです!!

vsshuttlesweb214 - コピー.jpg

暑さの残る中、たくさんのご声援ありがとうございました!!

クボタスピアーズ公式フェイスブックでこの試合の写真を多数アップしておりますので、ぜひご覧ください。

前回の試合で課題となったセットプレーを見事に修正し、5本のトライを挙げて快勝したスピアーズ。

次節は昨シーズン優勝チームのサントリーサンゴリアスとの試合になります。

9月16日(土)に行われるキヤノンイーグルスとの練習試合を経て、どのようなメンバー編成で挑むのかご注目下さい。

昨年度から公式戦負けなしの21連勝中の相手に対して、文字通り今シーズン最大の挑戦となります。

 

次戦は9月16日(土)13:00~練習試合 vs キヤノンイーグルス戦@キヤノンスポーツパーク

となります。

ご声援よろしくお願い致します!!

 

 

 

 

前の記事へ  |  次の記事へ