10月1日(日)トップリーグ第6節 vs トヨタ自動車ヴェルブリッツ戦 試合レポート

いつもクボタスピアーズを応援して頂きありがとうございます。

                                                                                             10月1日(日)新潟県新発田市五十公野公園陸上競技場で行われたトップリーグ第6節vsトヨタ自動車ヴェルブリッツ戦は40-50でクボタスピアーズの敗戦となり、勝ち点を獲得することはできませんでした。

                                                                                                快晴の秋空の下、13時にキックオフの笛が鳴らされました。

vstoyotaweb044.jpgvstoyotaweb045.jpg

前半から激しいせめぎ合いが続きますが、先制したのはヴェルブリッツでした。

前半9分、自陣ゴール前のスクラムを押し込まれ、トライを許してしまいます。

 

相手の得意な形で、得点を許してしまったスピアーズですが、直後の12分に敵陣でのマイボールラインアウトからフェイズを重ねて最後は⑥ラピースのオフロードパスを受けた⑤青木がゴールポスト真下にトライ!!

自分たちの得意な形で得点を返します。

vstoyotaweb060.jpg

⑩森脇のコンバージョンゴールも成功し、7-7の同点に追いつきます。

前半17分、キックカウンターの一瞬のスキを突かれて相手のランナーに一気に、50メートル走り切られてトライを許してしまいます。

前半21分、今度はスピアーズが連続攻撃から⑫立川理道⇒⑪サンダースにつないで右隅にトライ。

難しい角度から⑩森脇のコンバージョンゴールも成功し、14-14と同点になります。

vstoyotaweb073.jpgvstoyotaweb074.jpg

一発で取り切るヴェルブリッツとフェイズを重ねて連続攻撃で得点を重ねるスピアーズ。

両者の持ち味が全面にでる試合展開となりましたが、ここからヴェルブリッツの外国人ランナーを中心とした攻撃を止めきれず、前半24分・28分・33分・38分と4連続トライを許してしまい、14-40と大きくリードを許してしまいます。

vstoyotaweb088.JPGvstoyotaweb087.JPG

これ以上話されると後半の逆転も不可能になってしまうスピアーズは前半終了を告げるホーンが鳴る中、連続攻撃を仕掛けて最後は⑧四至本が強引にインゴールに持ち込みトライ。

⑩森脇のコンバージョンゴールも成功し、21-40と差を縮めて折り返します。

vstoyotaweb107.jpg

ハーフタイムには恒例となった、サイン入りミニボールの投げ込みを、新潟県出身のOB高橋銀太郎氏が行いました!!

IMG_7650.jpgvstoyotaweb215.JPGvstoyotaweb219.JPG

 

【後半0分 スピアーズメンバー交代】

①北川⇒⑰株木

                                                                                                              「常にアタッキングマインドセットも持って戦うように!」というハーフタイムでのフランHCの指示の下、後半は立ち上がりからスピアーズの選手が躍動します。

                                                                                              後半11分にFWとBKが一体となった連続攻撃で④キムからオフロードパスを受けた⑤青木が走り切り、この日2本目のトライをゴール真下に決めます。

vstoyotaweb138.jpgvstoyotaweb142.jpgvstoyotaweb143.jpgvstoyotaweb144.jpg

後半15分には相手ゴール前のマイボールラインアウトからモールを形成し前進。

バックスに展開したボールを⑫立川理が相手DFの背後にチップキック。このボールに反応していた⑮合谷がボールを抑えてトライ!!⑩森脇のコンバージョンゴールも成功し、35-40と一気に射程圏内に点差を縮めます。

vstoyotaweb153.jpgvstoyotaweb154.jpg

完全にペースを掴んだスピアーズは後半22分、キックカウンターから⑬テアウパがビックゲインし、最後は⑧四至本がこの日2本目となる同点トライを右隅に決めます!!

vstoyotaweb174.jpgvstoyotaweb176.jpgvstoyotaweb177.jpg

さらにこの一連の攻防の中でヴェルブリッツ⑳にハイタックルの反則があったことがTMOで認められイエローカードが

提示され10分間の一時退場となります。

 

                                                                                            数的優位となり、ここで一気に逆転したいスピアーズでしたが、逆に後半25分にトライとコンバージョンを決められてしまい、突き放されてしまいます。

vstoyotaweb180.jpg

【後半26分 スピアーズメンバー交代】

④キム⇒⑲新関

⑩森脇⇒㉒ライオネル・マプー

 

                                                                                             【後半28分 スピアーズメンバー交代】

③松波⇒⑱古賀

⑧四至本⇒⑳末永

                                                                                                            

                                                                                               再度、同点に追いつくためには十分な時間が残されていましたが逆にペナルティを重ねてしまい、後半31分にペナルティゴールを決められ40-50とされてしまい、ワンチャンス追いつけない点差とされてしまいます。

vstoyotaweb182.jpgvstoyotaweb197.jpg

【後半38分 スピアーズメンバー交代】

⑨岡田⇒㉑井上

                                                                                              後半38分には、相手陣22メートル付近で得たペナルティゴールのチャンスを7点差以内敗戦に与えられるボーナスポイントを懸けて⑮合谷が狙いますが、右に外れてしまいます。

vstoyotaweb207.jpg

最後はヴェルブリッツにボールをキープされ、タッチに出されて試合終了。

最大26点差を追いつく驚異的な粘りを見せましたが、勝ち点を獲得する事ができず総勝ち点は「9」のまま、上積みすることはできませんでした。

vstoyotaweb211.jpg

試合後には、新潟県から新米の「新之助」、新発田市から「城下町しばた雑煮合戦」と「イチジク」を贈呈して頂きました。

この場をお借りして御礼申し上げます。

vstoyotaweb234.jpgvstoyotaweb235.jpgvstoyotaweb237.jpg

次節も同じレッドカンファレンスに所属する近鉄ライナーズとの重要な一戦です。
近鉄ライナーズの強力なセットプレーを封じ込め、好調なアタックの機会をどれだけ多く作り出せるかがポイントになります。
 
ご声援、よろしくお願い致します!!
 
この試合の写真はスピアーズ公式フェイスブックに多数掲載しております。
                                                                                             【次戦のご案内】
10月7日(土)13:00キックオフ@天理親里ラグビー場 

 

 

 

前の記事へ  |  次の記事へ