2018年6月23日(土) 練習試合 釜石シーウェイブス戦 レポート

【対戦相手】 釜石シーウェイブス

【日時】2018年6月23日(土) 14時キックオフ

【場所】北上総合運動公園陸上競技場

【天候】晴れ

【メンバー】

1 海士 広大

2 杉本 博昭

3 北川 賢吾

4 孫  昇己

5 青木 祐樹

6 バツベイ シオネ

7 田村 玲一

8 千葉 雄太

9 茂木 隼人

10 川向  瑛

11 田中 健太

12 オツコロ カトニ

13 Patrick Osborne

14 岡田 一平

15 森脇  秀幸

(リザーブ)

立川 直道

大熊 克哉

古賀 太貴

羅  官榮

今野 達朗

萩澤 正太

稲橋 良太

四至本 侑城

谷口 和洋

井上 大介

末永 健雄

 

 

いつもクボタスピアーズを応援して頂きありがとうございます。

先日行われたクボタスピアーズvs釜石シーウェイブス戦の報告をします。

 

クボタスピアーズは、今回の北上市ラグビーフェスティバルでの釜石シーウェイブス戦にあたり、チーム全員で二日前から遠征し、釜石市と北上市で地域貢献活動やラグビーワールドカップPR活動などを行いました。(そちらの内容はチーム公式SNSからご覧いただけます。)

 

計三日間の遠征中、常にチーム一丸となって行動したスピアーズは、より結束を深めることができました。

 

今回のメンバーを見てわかる通り、けが人などの関係で本来のポジションとは違ったポジションでプレーする選手もいます。しかし、そうした中でもチームのために言い訳なしでプレーするのがスピアーズです。

 

こうした状況だからこそ、チームの結束が問われます。

FK18_kitakamifestival web_105.jpg 試合は晴天の中、14時にキックオフしました。

FK18_kitakamifestival web_107.jpg

前半4分 中盤クボタラインアウトからモールを組み、ハーフからハイパント

それをこの日ウィングに入っていた岡田が相手に競り合いで勝ち、キャッチ。

そこからクボタがフェイズを重ねて攻撃し、オツコロ選手からワンハンドのオフロードパスをバツベイ選手がキャッチ。

 そのまま抜けだし、岡田選手にパス。岡田選手はボールをもらうと相手を振り切りダイビングトライ。

森脇選手キック成功で7-0とします。

FK18_kitakamifestival web_129.jpg

FK18_kitakamifestival web_130.jpgFK18_kitakamifestival web_132.jpg

12分 選手交代 田村⇒稲橋。

 

その後も、クボタは敵陣でプレーしますが、肝心なところでミスし、トライにつながりません。

一方釜石は21分、中盤ラインアウトモール、そこからキックパス。それを釜石選手がキャッチします。ビッグゲインをした釜石は近場をフォワードで攻め、トライされてしまいます。キック成功で7-7とします。

 

前半は、僅差のゲームになるかと思われた24分 クボタは10mラインからラインアウトモール、そこからバックスへ。川向選手が絶妙なショートキックでボールを相手ディフィンスの裏へ転がすと、オツコロ選手が即座に反応し、ボールをキャッチ、そのままトライ。

キック成功で14-7となります。

 FK18_kitakamifestival web_160.jpgFK18_kitakamifestival web_161.jpg

その6分後、同じくクボタは左敵陣ゴール前からラインアウトモール、モールが崩れたところをフォワードがサイドアタックを繰り返し、海士選手がトライ。森脇選手、難しい角度のキックを決め21-7。

FK18_kitakamifestival web_173.jpgFK18_kitakamifestival web_174.jpg

35分 選手交代 岡田⇒井上。

 

36分、クボタは敵陣ラインアウトのチャンスからモールを組み、バックスに展開。オツコロ選手からパスを受けたバツベイ選手が相手を引きずりながら力強いトライ。キック成功で28-7で前半を終えます。

FK18_kitakamifestival web_189.jpg

後半のクボタの選手交代は

杉本⇒大熊

北川⇒ナ

孫⇒萩澤

青木⇒今野

千葉⇒四至本

茂木⇒谷口

とフォワードを中心に交代します。

大熊選手はこの日、クボタスピアーズのデビュー戦。

萩澤選手、四至本選手は今年初ゲームとなります。

 FK18_kitakamifestival web_195.jpg

後半6分、クボタは敵陣ゴール前ラインアウトからモールを押し込みそのままインゴールへ。この日デビューの大熊選手がデビュー6分で早速のトライ。

難しい角度のキックとなりましたが、森脇選手は難なくキック成功で、35-7とします。

 FK18_kitakamifestival web_203.jpg

 

11分敵陣22m付近から釜石のペナルティ。これをクボタスピアーズはいち早く反応し、ウィングに入っていた井上選手がクイックスタート。谷口選手にオフロードパスをし、谷口選手がトライします。井上選手の本来のポジションはスクラムハーフ。スクラムハーフからスクラムハーフへと繋ぐ、トライとなりました。キック成功42-7。

 

17分クボタ選手交代。

海士⇒ナ

大熊⇒立川(直)

新人の大熊選手から代わった立川(直)選手はおよそ1年半ぶりの試合となります。

 FK18_kitakamifestival web_249.jpg

 

25分 敵陣ゴール前10m付近、釜石がラインアウトモールを組むと、クボタはボールを奪います。そのチャンスをハーフからボールもらった萩澤選手がいいスピードで走り込みます。萩澤選手は、持ち味のスピードを活かし、インゴールへ持ち込みトライとします。キック成功。49-7となります。

FK18_kitakamifestival web_240.jpgFK18_kitakamifestival web_243.jpg

26分クボタ選手交代 バツベイ⇒末永

 

しかし、トライ直後のリスタート。釜石はリスタートで蹴ったボールを釜石選手がキャッチ。クボタは反応することができずそのままトライされてしまいます。

キック成功 49-14

 

33分 敵陣ゴール前からモールを押し込み、代わったばかりの立川直道がトライ

キック成功 56-14

 FK18_kitakamifestival web_253.jpgFK18_kitakamifestival web_256.jpg

ここで試合終了となりました。

          

クボタは、釜石シーウェイブスと敵地での対戦となりましたが、8トライを取り、勝利することができました。

 

しかし、肝心なところでミスし、取り切れない場面も多くありました。これからより厳しい戦いを勝ち抜いていかなければいけないスピアーズにとって、決して多くはないチャンスを確実に点数に結び付けられる決定力が不可欠です。

そうした課題が原因で負けたゲームも、昨シーズンまでありました。

試合後のハドルで、杉本バイスキャプテンから厳しい言葉がチームに投げかけられたのも、そうした過去があるからです。

 

それでも暑い気候の中、相手にフィジカル面で上回り、セットプレーも安定していたこと、8トライを自分たちの形で取ることができたことなど、選手たちの大きな頑張りが見られる試合でした。

また、この日デビューした選手や久しぶりに復帰した選手が活躍したことは、チーム強化にとってうれしい話題です。

KIMG4551.JPG

そして、計8本のゴールキックをすべて成功した森脇選手のキックの精度。こちらも今後予想される僅差のゲームを勝ち抜くためには、必要不可欠です。FK18_kitakamifestival web_136.jpg

 
次戦のvsホンダヒート戦は7月7日(土) 12時からクボタホームグラウンドで行われます。

ぜひグラウンドにお越しください!!

FK18_kitakamifestival web_277.jpg

前の記事へ  |  次の記事へ