2018年7月14日(土) サントリーサンゴリアス戦 レポート

【対戦相手】 サントリーサンゴリアス

【日時】2018年7月14日(土) 13時キックオフ

【天候】晴天 

【メンバー】

1.海士 広大 2.杉本 博昭 3.北川 賢吾 4.金 昊範 5.青木 祐樹 6.萩澤 正太

7.末永 健雄 8.四至本 侑城 9.井上 大介 10.森脇  秀幸 11.田中 健太

12.オツコロ カトニ 13.Patrick Osborne 14.伊藤 有司 15.白井 竜馬

(リザーブ)

立川 直道、羅 官榮、才田 智、松波 昭哉、古賀 太貴、Jean Droste、孫 昇己

今野 達朗、バツベイ シオネ、千葉 雄太、谷口 和洋、

川向 瑛、茂木 隼人、高橋 拓朗

 

 

いつもクボタスピアーズを応援して頂きありがとうございます。

先日、行われたサントリーサンゴリアスとの練習試合の様子を報告します。

 

今回、昨年の王者サントリーに挑むことになったスピアーズ。

猛暑が予想されるコンディションの中、ボールを保持し、ランニングラグビーによって攻め続けてくるサントリーとの試合は、ゲームプランだけでなく、フィジカルもメンタルも試されるチャレンジングなゲームになることが予想されます。

 

今回の試合で、いつも通り自分たちのラグビーを徹底する、ということはもちろん、ポゼッション(ボール支配)で勝負してくる相手に対し、自分たちもボールを支配し続けることが重要なポイントになります。今回クボタスピアーズはチャンピオンチームに対し、「Fight fire with fire(火には火によって戦わせよ)」という相手のラグビーに真っ向から立ち向かう戦術で挑みました。これは、いままで自分たちのラグビーのみに重きを置いてきたスピアーズにとって大きなチャレンジです。

 

当日は、予想通りの猛暑日。日も照り付け、風も少ない過酷な天候の中、試合がキックオフしました。

 18_19prematchvssuntory042.jpg

前半から、スピアーズは厳しいディフィンスで相手の攻撃を封じます。相手のボールを動かすラグビーに対し、タックルしては、ラックに巻き込まれる前にすぐに立ち上がり、またディフィンスラインに戻る、といったハードワークで、相手アタックを完全に止め、何度もボールを奪い返します。

18_19prematchvssuntory048.jpg18_19prematchvssuntory068.jpg18_19prematchvssuntory053.jpg

ディフィンスにより奪ったボールをスピアーズは、キックによりゲームを切るのではなく、また同じように連続攻撃を仕掛けて、何度もゴール前のチャンスを生みます。

18_19prematchvssuntory054.jpg18_19prematchvssuntory059.jpg18_19prematchvssuntory113.jpg

しかし、肝心なところでスコアに結び付きません。

そんな両者攻め合うゲームが前半の終盤まで続きます。

 

前半20分選手交代、北川⇒才田

 

前半の前半まで、クボタがエリアもポゼッションも支配していたゲームが、前半の後半になると徐々にサントリーペースとなっていきます。

そして、36分、クボタ自陣ゴール前ラインアウトから反則の繰り返しにより杉本選手がシンビンにより10分間の退場となります。

そのチャンスを、サントリーは活かし、直後のゴール前ラインアウトモールを押し込み、トライします。キック成功で0-7。

18_19prematchvssuntory102.jpg

そして前半終了間際40分、中盤スクラムをサントリーが押し込みクボタペナルティ。そこからサントリーはクボタ陣へ。

サントリーボールゴール前ラインアウトからモールを組み、バックスに展開。ブラインドウィングにスペースを突かれてトライ。

キック失敗。0-12となり、ここで前半終了します。

18_19prematchvssuntory103.jpg18_19prematchvssuntory106.jpg

後半選手入れ替え

海士⇒ナ、杉本⇒立川直道⇒、金⇒ドロースト、青木⇒今野、萩澤⇒バツベイ、四至本⇒千葉、井上⇒谷口、森脇⇒川向

 

後半も前半と同じようなお互いが攻め合う試合が繰り広げられます。

両者一歩も引かず、よく走り、よくタックルする試合展開が続きます。

 18_19prematchvssuntory124.jpg

↑白井選手の見事なカウンターによるラインブレイク

18_19prematchvssuntory117.jpg


18_19prematchvssuntory157.jpg↑途中、見事なキックパスにより田中選手がインゴールに入るが、トライは認められず。

後半25分選手交代

伊藤⇒高橋

 

しかし、後半の後半に結果を出したのは、またもやサントリーでした。中盤ラインアウトからテンポよく攻撃し、トライします。キック成功0-19

 

続いて後半31分、またもサントリー

さきほどと同じように中盤からテンポよく攻撃し、トライします。キック成功0-26

 

後半31分クボタ選手交代

オズボーン⇒茂木

ドロースト⇒孫

才田⇒松波

 

試合終盤、せめてトライを取りたいクボタですが、自陣ゴール前で釘付けになり、何度もスクラムを組みなおします。

18_19prematchvssuntory161.jpg↑新加入のナ選手がサントリースクラムを押し込む場面が何度もありました。

必死のディフィンスとスクラムでボールを奪い取りたいところですが、このまま試合終了となりました。

 

最終スコアは0-26とトライを4本取られ、1本もトライをすることができませんでした。

トライを取るチャンスは前半後半合わせて何度もありました。しかし、それをミスなどによりスコアに結び付けることができなかったのは、クボタが抱えている課題がそのまま試合に現れた結果です。また、相手にトライをとらえたシチュエーションも、クボタの実力からすれば防げたはずです。

 

お互いに全力を出し切った試合ですが、要所で結果を出したサントリーと我慢しきれず結果を出せなかったクボタで軍配がわかれました。

 

しかし、この状況下で真っ向からチャンピオンチームのラグビーに戦いを挑み、優勢に試合を進めた場面も多くあったこと、またいつもと違う戦略にも関わらず、それをチームとして全員が徹底して自分の仕事を行い続けたことなどは、チームにとって自信を持てたはずです。

あとは、これを80分行い続けて、スコアという結果に結び付けば、勝利は見えてくるはずです。

 18_19prematchvssuntory097.jpg

↑前半両センターのオズボーン選手とオツコロ選手。オツコロ選手はチーム最年長でありながら80分奮闘。

18_19prematchvssuntory203.jpg↑久しぶりの試合となる高橋選手は、ブランクを感じさせたない活躍でした。

18_19prematchvssuntory077.jpg↑この日、プレーだけでなく、試合中の指示でもチームをリードした井上選手。

 

 

今月末からはいよいよ北見合宿となります。

新加入外国人選手も合流してきます。

 

トップリーグ開幕まで2か月を切ったスピアーズ。この春シーズンの努力を、結果に結び付けるため、今後もより精度が高くハードな練習が続きます。

 

【杉本バイスキャプテンコメント】

「今回、全員が徹底して、チームとしてやろうとしていることを行い、勝ちに行きましたが、肝心なところでミスをしてスコアすることができませんでした。それは、例えばゴール前のアタックなどです。これはいままでのクボタの課題でもあり、練習でもでている課題だと思うので、今後に向けさらなる調整が必要だと思います。しかし、チーム全員が戦略を理解し、ハードワークできたことは、今後に必ず活きてくることだと思います。また、我々のやっているラグビーに自信を持つことにもつながったと思います。あとは、クボタのラグビーでスコアをとり、結果を出すだけです。

ディフィンスに関しては、チーム全員がよくタックルをして、起き上がりも早く、ディフィンスラインもバランスを取れてよくできていたと思います。」

 

クボタスピアーズの次戦は、北見合宿中7月28日(土)のヤマハ戦です。

ご期待ください。

前の記事へ  |  次の記事へ