2018年7月7日(土) ホンダヒート戦 レポート

【対戦相手】 ホンダヒート

【日時】2018年7月7日(土) 12時キックオフ

【天候】晴天

【メンバー】

1. 羅  官榮

2.立川 直道

3.北川 賢吾

4.孫  昇己

5.青木 祐樹

6.萩澤 正太

7.末永 健雄

8.千葉 雄太

9.谷口 和洋

10.川向  瑛

11.田中 健太

12.オツコロ カトニ

13.Patrick Osborne

14.学生

15.白井 竜馬

(リザーブ)

大熊 克哉

海士 広大

松波 昭哉

才田  智

金  昊範  

Jean Droste

今野 達朗

バツベイ シオネ

四至本 侑城

井上 大介

森脇  秀幸

茂木 隼人

ダン リアム

 

いつもクボタスピアーズを応援して頂きありがとうございます。

先日行われたクボタスピアーズvsホンダヒート戦の報告をします。

 

前回の試合から2週間空いての試合となるスピアーズ。その間に四日間のオフもはさみ、オフが終わってからは、今まで同様ハードなトレーニングを積んできました。

 

また、新加入のジャン・ドロースト選手も合流し、早くもチーム戦術を理解し、今回メンバー入りしています。

 

対戦相手は、昨年トップチャレンジ1位で、トップリーグに自動昇格を決めたホンダヒート。今年も6月の練習試合ではヤマハに大差で勝つなど、着実に力を付けているチームです。

突破力を持ち、高い攻撃力を誇るホンダヒートに対し、クボタはディフィンスで対抗し、我々のアタックをミスなく実行できるかがポイントとなります。

 

当日は、前日までのどしゃぶりから一転して、快晴となりました。

スピアーズは、試合前にアンダー15の特別講習や近隣地域ラグビースクールの小学校5,6年生を対象としたラグビークリニックを実施しました。

18_19prematchvshonda004.jpgKIMG4703.JPG18_19prematchvshonda007.jpg

また、ウェルカムデーとして、来場された観客の皆様をノンメンバーが花道を作ってお出迎えしました。

 18_19prematchvshonda016.jpg18_19prematchvshonda017.jpg

 

クボタグラウンドの観客席は、猛暑日にも関わらずファンの方々で満員になり、多くの歓声が聞こえる中、キックオフとなりました。

 18_19prematchvshonda057.jpg

 

前半1分35秒

キックオフから相手ボールとなると、谷口選手の鋭いタックルで相手がノックオン。

そのボールをクボタが奪い、カウンターアタックを仕掛けると、川向選手がキックパス。それをクボタ選手がキャッチし、オズボーン選手→末永選手につなぎ早速トライが生まれました。。川向選手キック失敗5-0

 

 

18_19prematchvshonda063.jpg

18_19prematchvshonda064.jpg

 

 

9分

クボタは、相手ペナルティからのゴール前ラインアウトのチャンスを、モールを組み、フッカーの立川直道選手が持ち出し、相手ディフィンスを弾き飛ばしながら豪快なトライ。

川向選手キック成功12-0とします。

 18_19prematchvshonda077.jpg

 

その後、前半13分、今度はホンダが追い上げます。

クボタがペナルティをすると、ゴール前ラインアウト。ホンダはモールをすると、クボタはそれを止めることができず、押し込まれトライされてしまいます。

キック成功。12-7.

 

18分、クボタは自陣でのマイボールラインアウトボールをオーバースロー。ホンダ選手にボールを取られ、外に展開され、トライ。キック成功で12-14と逆転を許してしまいます。

 

32分

今度はクボタが相手ボールスクラムを押し込みペナルティを取ります。そこからゴール前に蹴りだし、ゴール前ラインアウトのチャンス。ラインアウトから連続攻撃をしかけますが、ターンオーバーされ、ホンダが蹴り返します。そのボールをクボタはカウンター攻撃し、川向選手から田中選手へキックパス。田中選手そのまま走り切りトライ。キック失敗。17-14とさらに逆転します。

 18_19prematchvshonda103.jpg

18_19prematchvshonda108.jpgこの点差のまま前半終了。ハーフタイムとなります。

18_19prematchvshonda115.jpg

 

後半では以下の選手が交代となりました。

1. 羅⇒海士

2.立川直道⇒大熊

3.北川⇒松波

4.孫⇒金

5.青木⇒今野

6.萩澤⇒バツベイ

千葉⇒四至本

9.谷口⇒井上

10.川向⇒森脇

Osborne⇒リアム

14.学生

15.白井⇒茂木

 

後半8分

自陣での相手ボールラインアウトからの攻撃を止められず、ショートサイドを突かれてトライを許し、さらに逆転さてしまいます。キック失敗

17-19

 

 

13分

クボタ自陣ゴール前からラインアウトモールを押し込まれて、またトライされます。キック成功

17-26

 

18分

選手交代

大熊⇒立川

 

18分

クボタは、ゴール前ラインアウトからモールを押し込み立川選手が持ち出し、トライ。キック失敗。

22-26

 18_19prematchvshonda158.jpg

21分

選手交代

松波⇒才田

金⇒ドロースト

オツコロ⇒オズボーン

いよいよ新加入のドロースト選手の登場です!

18_19prematchvshonda170.jpg

試合時間も残りわずか。

交代選手によって流れを変えたいスピアーズですが、いいプレイは個々であるものの、なかなかいいプレイを継続することができません。

18_19prematchvshonda161.jpg18_19prematchvshonda191.jpg18_19prematchvshonda186.jpg

試合終了間際の36分、相手ボール中盤ラインアウトからの連続攻撃を止めることができず、最後はキックパスされ相手ウィングにトライを許します。キック成功。

22-33

18_19prematchvshonda183.jpg

 

ここで試合終了となりました。


クボタスピアーズはホームゲームでホンダを迎えましたが、前半は拮抗した試合展開を見せたものの、後半に入るとアタックやディフィンスの両面でミスが目立ち、計5トライをされてしまう結果となりました。

 

課題は多くあります。

スクラムやラインアウトでのセットプレーでは安定性が掛けましたし、攻撃では勢いを持ったアタックを継続することはできませんでした。

また、ディフィンスにおいてもモールディフィンスを中心に相手に簡単にトライされるシーンが目立ち、点数差をつけられる結果となりました。

 18_19prematchvshonda205.jpgのサムネイル画像

↑試合後はフランヘッドコーチからも厳しい言葉が出ました。

 

次回の相手は、チャンピオンチームであるサントリーサンゴリアスです。

より精度の高くハードなプレーが求めれます。

高い目標にチャレンジすることで、スピアーズがより成長できる機会になるよう、今回の反省を活かして、取り組みたいと思います。

18_19prematchvshonda199.jpg

↑今回クボタスピアーズデビューをしたジャン・ドロースト選手。

クボタの次戦は7日14日 13時にサントリーサンゴリアスとサントリーグラウンドで戦います。応援お願いします。

 

前の記事へ  |  次の記事へ