2018年8月3日(金) 近鉄ライナーズ戦 レポート

【対戦相手】近鉄ライナーズ

【日時】2018年8月3日(金) 14時キックオフ

【場所】北見東陵公園ラグビー場

【天候】晴天

【メンバー】

1.北川 賢吾 2.立川 直道 3.松波 昭哉 4.金 昊範 5.青木 祐樹 6.バツベイ シオネ

7.田村 玲一 8.Duane Vermeulen  9.岡田 一平 10.森脇  秀幸 11.白井 竜馬

12.ダン リアム 13.Sione Teaupa 14.近藤 英人 15.合谷 和弘

(リザーブ)

海士 広大、後藤 満久、古賀 太貴、新関 世志輝、今野 達朗、Pieter  Labuschagne

末永 健雄、四至本 侑城、井上 大介、川向  瑛、田中 健太Burger Odendaal

高橋 拓朗、伊藤 有司、桑江 健一郎、羅 官榮、大熊 克哉、孫 昇己、萩澤 正太

千葉 雄太、谷口 和洋、茂木 隼人

                                    

 

いつもクボタスピアーズを応援して頂きありがとうございます。

先日、行われた近鉄ライナーズとの練習試合の様子を報告します。

 

前回の試合から6日と短い準備期間でしたが、スピアーズは例年より暑い日が続く北見でいつもと変わらぬハードな練習を行い、今回の試合に挑みました。

 

毎年、近鉄ライナーズとは、北見合宿中に練習試合を行うのが恒例で、特にここ2年は合宿の最終試合の相手は必ず近鉄ライナーズでいずれも敗北しています。

今回こそは勝利して、北見合宿をいい形で締め、トップリーグ開幕に弾みをつけたいところです。近鉄ライナーズは、去年トップリーグから降格してしまいましたが、接点が強く、毎回苦しまされるチームです。

 prematchvskintetsu web050.JPG

日差しは強いですが、風もあり過ごしやすい涼しい14時にキックオフしました。

キックオフ直後から互いに攻め合い、予想通り接点の激しいプレーが続きます。

 

8分、クボタが自陣からバックスに展開したところ、それをハンドリングミスし、それを連続攻撃されトライされてしまいます。キック成功0-7

 prematchvskintetsu web072.JPG

15分 選手交代 立川直道⇒後藤

 

16分ゴール前の相手ボールからのスクラムを、岡田選手がプレッシャーをかけチャージ。そのボールをそのまま岡田選手がキャッチし、トライします。そして、この日スタンドオフに入っていた森脇選手が、難しい角度のキックを成功し、7-7と同点になります。

 prematchvskintetsu web091.JPG

prematchvskintetsu web093.JPG

 

その後もクボタは激しくディフィンスし、相手ボールを取ると、継続した攻撃により相手ゴール前まで攻め込みますが、肝心なところでハンドリングミスが続き、スコアに繋げられません。

 prematchvskintetsu web125.JPGprematchvskintetsu web127.JPGprematchvskintetsu web140.JPG

前半終了間際にもゴール前ラインアウトからモールを押し込み、インゴールに入りますが残念ながらトライを認められません。

 

選手交代

金⇒新関

 そして、ここで前半終了。7-7の同点での折り返しとなります。

prematchvskintetsu web143.JPGprematchvskintetsu web144.JPG

 

後半の選手交代

北川⇒海士、松波⇒古賀、青木⇒今野、バツベイ⇒ラピース、田村⇒末永、フェルミューレン⇒四至本、岡田⇒井上、森脇⇒川向、ダン⇒バーガー、テアウパ⇒高橋、白井⇒田中、近藤⇒伊藤、合谷⇒桑江

 

12分、中盤のラックからラピース選手がラインブレイクし、ゴール前ブレイクダウンに。

そこからすぐ右外にいた伊藤選手にロングパスし、相手を振り切りトライ。キック失敗

12-7

 prematchvskintetsu web179.JPG

prematchvskintetsu web183.JPG

その後のリスタートから、クボタは近鉄に攻め込まれ、反則も繰り返し、自陣での試合が続きます。

クボタこのピンチを何度も止めますが、相手の連続攻撃を取れられず、最終的には24分にトライを許します。

キック成功で12-14と逆転されてしまいます。

prematchvskintetsu web196.JPG

 

しかし30分、敵陣ゴール前スクラムからハーフ井上選手が相手ディフィンス背後に絶妙にコントロールされたキックを蹴ると、相手が横に蹴りだし、ゴール前でのマイボールラインアウト。そのラインアウトをモールを組み、フォワードが近場をせめて末永選手がトライ。桑江選手キック成功で19-14

選手交代

海士⇒羅

 

その後、クボタは近鉄の猛攻を受け、反則が続きますが、これを守り抜き試合終了。

19-14で勝利しました。         

 prematchvskintetsu web149.JPGprematchvskintetsu web152.JPGprematchvskintetsu web218.JPG

クボタとしては、自分たちの目指す形での勝利ではありませんでしたが、それでも勝利という結果を出したうえで反省できることは大きなことです。

 

まもなく開幕するシーズンに向け、結果を出すということにこだわり、準備していきたいと思います。

 

次回のクボタスピアーズの試合は、8月18日 18時からクボタグラウンドで日野レッドドルフィンズとの試合となります。

prematchvskintetsu web246.JPG↑この日、クボタスピアーズデビューとなった、バーガー選手とドウェイン選手、そして今シーズン初試合となったラピース選手

prematchvskintetsu web063.JPG↑ドウェイン選手はボールキャリアやタックルだけでなく、セットプレーでも存在感を発揮

 

prematchvskintetsu web216.JPG↑バーガー・オーデンダール選手のスーパーラグビーで鍛えられたスキルは試合でも目立っていました。また、ハードタックルでも会場を沸かせました。

前の記事へ  |  次の記事へ