MENU

GAME試合結果

2018-19シーズン トップリーグ 第2節試合結果

18.09.08(土)16:30キックオフ


クボタスピアーズ

ヤマハ発動機ジュビロ
18 合計 20
T G PG DG   T G PG DG
2 1 2 0 18 前半 0 0 1 0 3
0 0 0 0 0 後半 2 2 1 0 17

出場選手

# スターティングメンバー # リザーブメンバー
1 北川賢吾 16 後藤満久
2 杉本博昭 17 海士広大
3 松波昭哉 18 古賀太貴
4 金昊範 19 青木祐樹
5 ルアン・ボタ 20 四至本侑城
6 ピーター・ラピース・ラブスカフニ 21 谷口和洋
7 末永健雄 22 川向瑛
8 ドゥエイン・フェルミューレン 23 ゲラード・ファンデンヒーファー
9 井上大介
10 立川理道(Cap)
11 近藤英人
12 バーガー・オーデンダール
13 シオネ・テアウパ
14 伊藤有司
15 合谷和弘

個人得点

氏名 T G PG DG
合谷 和弘   1 2 8
杉本 博昭 1       5
末永 健雄 1       5

入替・交替

種類 時間 背番号
入替 後半0分 8 → 20
入替 後半15分 15 → 23
入替 後半24分 1 → 17
入替 後半24分 2 → 16
入替 後半24分 9 → 21
入替 後半32分 4 → 19
入替 後半36分 3


レポート

前回惜しくも敗れたスピアーズ。開幕初勝利で目標達成に弾みをつけたい


 前回のパナソニックワイルドナイツ戦では、肉薄した試合で、上位チームにも互角以上に戦えることを示したクボタスピアーズ。しかし、今回ほしいのは勝利という結果です。今季のスピアーズが目標とするホワイトカンファレンス3位以上に向けて、この試合は勝ちたい相手です。昨年のヤマハの順位が3位、過去5年の公式戦対戦成績0勝3敗1分と、分が悪い相手ですが、パナソニックワイルドナイツ戦のような試合ができるスピアーズであれば勝てる相手です。

 ポイントは、セットプレーになることは間違いありません。相手の強みを出させず自分たちの強みを出すことが勝敗を分けるポイントですが、ヤマハの強みはセットプレーを軸にした攻撃力です。ここをいかにやり合うかがポイントになります。

 また、自陣でそのセットプレーを発揮させることは大きなリスクです。そのためにもキックを中心としたエリアマネジメントを意識した戦い方も重要なポイントとなります。

 そこがクリアできれば、全員一体となった攻撃でトライが取れることは、夏合宿で勝利した練習試合でも結果にでています。


FW奮闘し、前半はクボタが支配するゲーム展開


残暑が厳しい、風が強めのコンディションの中、キックオフしました。




序盤からスクラム・ラインアウトが続きますが、自陣ゴール前でのラインアウトからのスティール、スクラムから二回連続ペナルティを奪うなど、ポイントであるセットプレーで相手にプレッシャーをかけます。



↑ボタ選手がジャンプ、フェルミューレン選手がリフト。脅威の高さ。



↑相手スクラムと互角以上に対抗したフロントロー陣。


そして、自陣ゴール前でのディフェンス、相手がファンブルしたボールを近藤選手が反応。足でボールをドリブルするとそのままキャッチし、独走。しかし、ヤマハも反応早くディフェンスに囲まれますが、近藤選手がステップで交わし、相手がハイタックル。このペナルティをクボタはペナルティゴールを選択し、合谷選手が落ち着いて決め、クボタ先制します。



その後、ゴール前チャンスでのラインアウトを4人ラインアウトからのモール、ショートサイドへのモールなどでトライ直前まで迫りますが、スコアできず。そして、三度目のチャンスでしっかりとモールを組むとそのまま押し込み遂にトライ。キック失敗で8-0とします。





29分相手PGで8-3としますが、32分すぐにまたPGで取り返します(11-3)


そして、終了間際、またもクボタがモールでトライし、18-3で折り返します




↑モールで連続のトライ。フォワードでの戦いを前半は制圧する。



↑前半終盤、ピンチを救ったフェルミューレン選手のジャッカル。まるで熊。


後半はヤマハペース。最後までもつれた試合展開に

後半がキックオフしてすぐ、ヤマハは中盤相手ラインアウトからボールを展開すると2フェイズであっさりとトライを取ります。(キック成功18-10)


選手交代によりヤマハは徐々にペースを掴み、クボタゴール前に攻め込みます。クボタ選手はひたむきにディフィンスし、必死に堪えます。
しかし、後半22分にゴール前スクラムからヤマハにトライ、キック成功と、一点差まで迫られてしまいます。




↑コンバージョンキックにプレッシャーをかけるゲラード選手と井上選手。


この時間帯からクボタはペナルティを重ね、ペースを失います。
後半32分にも自陣でペナルティ、PGを決められ、15点あった点差が逆転されます。


しかし、その2分後、クボタも敵陣でPGのチャンスを得ます。蹴るのはゲラード・ファンデンヒーファー選手。普段の彼なら問題なく決めるところですが、当日は風も強く、キックティーに置いていたボールが、一度転がってしまいます。ラピース選手がサポートし、キックしますが、キックしたボールはポールに弾かれ、キック失敗となってしまいます。



その後も、クボタは食い下がりますが、ヤマハはボールを守りきり、試合終了のホーンと共にタッチへ。二点の差で敗戦となりました。






【フラン・ルディケヘッドコーチのコメント】

「非常に残念な結果でした。80分プレッシャーをかけることが勝ちにつながる中で、後半は反則も多くプレッシャーをかけることができませんでした。チャンスも活かすことができませんでした。ヤマハのパフォーマンスは素晴らしかったと思います。ここぞというときにチャンスを活かせていました。しかし、我々もシステムやプロセスは間違っていません。これらを引き続き行い、勝利に繋げたいと思います。」


【立川理道キャプテンコメント】

「前半はプラン通りでしたが、後半はプラン通り展開することはできませんでした。風下の中、反則も多く、エリアを取ることができませんでした。しかし、相手の強みはFWが頑張ったおかげで対抗できていました。次は勝ちたいと思います。」


【杉本選手コメント】

この試合はフォワードがよく頑張っていたが決め手は?

「しっかり分析し、それを実行できていたことがポイントだと思います。」

スクラムでも負けていなかったが?

「特にスクラムではここ2年ヤマハには、劣勢だったので、フロントロー同士で声を掛け合い『俺たちのほうが強い!』というマインドを持って戦いました。」

ラインアウトでは安定して獲得し、モールでも2本トライを取り、相手ボールを何本か奪ったが?

「一番良かったのは、前半で自分たちのプランを実行し、自信を持って戦えたことだと思います。」


ファンの方に向けて一言。

「負けは続いていますが、私たち選手も下を向きませんので、どうかファンの方々も下を向かず、応援してください!」



※試合写真は公式Facebookにも、多数掲載しております。


OFFICIAL PARTNER