MENU

GAME試合結果

2018-19シーズン トップリーグ 第6節試合結果

18.10.13(土)13:00キックオフ


クボタスピアーズ

東芝ブレイブルーパス
26 合計 24
T G PG DG   T G PG DG
1 0 2 0 11 前半 3 3 0 0 21
2 1 1 0 15 後半 0 0 1 0 3

出場選手

# スターティングメンバー # リザーブメンバー
1 海士広大 16 杉本博昭
2 後藤満久 17 羅官榮
3 松波昭哉 18 古賀太貴
4 金昊範 19 青木祐樹
5 ルアン・ボタ 20 バツベイシオネ
6 ピーター・ラピース・ラブスカフニ 21 谷口和洋
7 末永健雄 22 桑江健一郎
8 ドゥエイン・フェルミューレン 23 バーガー・オーデンダール
9 井上大介
10 川向瑛
11 合谷和弘
12 立川理道 (Cap)
13 シオネ・テアウパ
14 近藤英人
15 ゲラード・ファンデンヒーファー

個人得点

氏名 T G PG DG
合谷和弘 1     5
ゲラード・ファンデンヒーファー 1 1 3   16
ドゥエイン・フェルミューレン 1     5

入替・交替

種類 時間 背番号
入替 後半8分 13 → 23
入替 後半30分 2 → 16
入替 後半30分 3 → 18
入替 後半33分 1 → 17
入替 後半33分 4 → 19


レポート

予想通り混戦の順位争い。勝てば上位進出に大きく前進の第6節。


ここまでの5節を3勝2敗でカンファレンス4位のスピアーズ。しかし3位のリコーと6位につけている東芝とのポイント差はわずかに4点と、3~6位のスピアーズを含めた4チームが熾烈な順位争いを繰り広げています。この試合は、間違いなくカンファレンスの順位争いに大きく影響する試合となります。この試合に勝てば3位以上になる可能性がありますし、逆に負ければ今より順位を落とす可能性もあります。相手としてもこの試合は落とせないはずです。
また、例年東芝とは接戦が必至で、接点の激しいゲームが展開されることが予想されます。勝負の第6節が福島県にて行われました。




↑当日は東芝選手とクボタ選手合同のラグビー体験も行いました






ノーホイッスルでトライされるも、徐々にスピアーズが点差を詰める前半


マイボールキックオフで開始した直後、東芝が外に回したボールをスピアーズはディフィンスで対応できず、ラインブレイク。そのまま相手が100m近く独走し、ノーホイッスルで先制トライを許します。キック成功 前半1分 0-7。



その後、自陣ゴール前ファーストスクラムからペナルティを奪われ、東芝はスクラムを選択。そこからバックスに展開し、近場をつき、トライされます。
キック成功 10分0-14。



スピアーズは立て続いて失点を許します。ここ数試合、前半序盤で失点を許すシーンが目立ちます。


また、この日の東芝の気迫はすごいものでした。ディフィンスの圧力、ブレイクダウンでの激しさに「相手もこの試合にかけている」という思いを感じることができました。
接点のたびに生じる衝撃音はいつもより大きく、グランドと観客席が近いいわきグリーンフィールドの観客席に響き渡り、緊張感が伝わりました。





しかし、スピアーズも負けてはいません。
15分、ゴール前での相手ボールスクラムをスピアーズが押し込み、ターンオーバー。そこから素早くボールを外に展開すると合谷選手トライします。ファーストスクラムでは押されて、失点につながったスクラムを修正し、ボールを奪いトライに繋げました。
キック失敗 5-14。
25分、ゲラード選手のPG成功で8-14と徐々に追いつきます。





しかし、この直後のキックオフのボールを合谷選手がキャッチし、パスするとこのボールがファンブルし、相手に奪われ、そのままインゴールに運ばれてします。
キック成功 26分 8-21(25分)。



32分、ゲラード選手キック成功で11-21と差を縮めて、折り返します。
ミスにより10点のリードを許し、前半を終えましたが、スピアーズは相手の特徴である接点に負けず、セットプレーも修正し、手ごたえを感じた状態で後半に入ります。




↑前半は失点こそ許したものの、接点で負けず後半に期待を残す展開となりました


スピアーズ遂に逆転!しかし終了間際に再度逆転され、最後はスクラムで勝負が決まる

後半はスピアーズペースでの試合展開となりました。
セットプレーも安定し、効果的なキックで相手のエリアを奪うとディフィンスで東芝にプレッシャーを掛けます。
アタックでも相手の強みの接点で勝ち、前に出て相手を巻き込むとバックスに展開し、前へ出ます。





後半10分、敵陣中盤から東芝がボールを外に回します。スピアーズディフィンスが出足早くプレッシャーをかけると、相手のロングパスを読んでいた、フェルミューレン選手がインターセプト。そのまま独走しトライとなります。
11分 キック成功 18-21。







21分、スピアーズ近場を崩し、相手のディフィンスを巻き込むと、外に展開。途中交代で入ったバーガー選手がラインブレイクするとラストパスをゲラード選手に。そのまま走り切りトライ。
キックは失敗しますが、23-21と逆転します。






逆転してもなおスピアーズは攻め続けます。
残り10分と迫ったところで、スピアーズは1~4番を交替します。



↑この試合急遽リザーブ入りが決まった羅選手

↑前の試合では、トライも奪った青木選手


↑この日はリザーブで出場の杉本バイスキャプテン


↑スクラムの安定感が増し、走力もある古賀選手



しかし、勝利が前の前に迫った38分。自陣10m付近でのスクラムから、コラプシング(スクラムを崩す反則)をしたとしてスピアーズにペナルティ。位置はゴール真正面。
東芝は迷わずペナルティーゴールを狙い、これを成功させ逆転されてしまいます。
23-24。


試合直前に逆転されてしまったスピアーズは、この後のリスタートキックを、ボールを奪取し再度が逆転に繋げるため、短いキックを蹴り、長身ボタ選手が競り合いますがノックオン。相手スクラムとなり、ここでノーサイドを告げるホーンが鳴ります。
最後のスクラム。東芝は安定してスクラムからボールを出し、外に蹴りだせば東芝の勝利となります。
一方クボタはこのスクラムがラストチャンス。
このスクラムを押すか、ペナルティを奪いボールを再獲得するしか逆転の道はありません。



↑緊張のスクラム前


スクラム前、FWが集まり声を掛け合います。
全員、これがラストチャンスであることはわかっています。
特に前列3人の役割は重要で、交代したばかりですが、このゲームの勝敗を彼らが握っていたとも言えます。
前のスクラムではスピアーズの羅選手にコラプシングの反則を取られています。
羅選手としては、なんとか挽回したいところです。
スクラムが組まれると、スピアーズは崩すことなく、相手を押し込みます。
レフリーが笛を鳴らすと、東芝のペナルティ。
敵陣10mライン付近、ゴール真正面でのPGのチャンスを得ます。


↑相手スクラムを押すスピアーズFW。
プレッシャーに思わず相手プロップが頭をあげ、ヘッドアップという反則になりました。


↑レフリーの笛がなり、全員がレフリーを見ます。


↑東芝のペナルティに歓喜する選手たち。羅選手は前の反則を見事挽回しました


このPGをゲラード選手が落ち着いて決め、クボタが勝利しました。
42分 26-24。



↑キックの成功をたたえる選手たち


↑ノンメンバーの様子



【フラン・ルディケヘッドコーチのコメント】

「どっちが勝ってもおかしくない試合でした。スピアーズとしては、最初ソフトなトライで点数を失ってしまいましたが、そこから立て直して逆転まで至ったことがチームとして成長できたことだろうと思います。
試合前に選手たちに「仕事は終わるまでやめない」ということ話しましたが、それを実践してくれた選手たちに感謝したいと思います。最後の最後まで、選手たちは自分たちを信じて戦ってくれました。ゲームメンバーだけでなく、試合に選ばれなかったメンバーたちのおかげで、チームはどんどん良くなっています。最後の試合に勝つために、この一週間いい準備をして臨みたいと思います。」


【杉本バイスキャプテンコメント】

「チームとして、ひとつになって戦って勝利できたことを非常にうれしく思います。このゲームではスピアーズの弱い部分と強い部分の両方が出た試合だったと思います。最初にチームの弱い部分がでて、トライを取られてしまいましたが、そこからあきらめず取り返すことができたのは、今年のチームの強い部分が出た結果だったと思います。 この試合を通して、相手の強みであるスクラムやモールで対抗できたことが、いい結果につながったと思います。特に最後のスクラムはチームにとって自信につながったと思います。
今日は会場でたくさんの方々に応援して頂き、感謝しています。試合会場に入る際、福島のファンの方々が花道を作って出迎えてくれたことはとても勇気づけられました。
次の試合では、課題を修正して皆さんにいいゲームを見せられるようにしたいです。ありがとうございました。」


【マンオブザマッチに選ばれたゲラード選手コメント】

「タフなゲームでした。最後に勝てたのは良かったと思います。いつも応援してくれているスピアーズファン、特に今日応援してくれた皆さんに感謝したいです。また来週も声援お願いします。」


※試合写真は公式Facebookにも、多数掲載しております。


OFFICIAL PARTNER