トップリーグ 1stステージ プールB 第3節試合結果

13.09.14(土)16:00キックオフ


クボタスピアーズ

東芝ブレイブルーパス
20 合計 22
T G PG DG   T G PG DG
2 2 2 - 20 前半 1 1 1 - 10
- - - - 0 後半 2 1 - - 12

出場選手

# スターティングメンバー # リザーブメンバー
1 小池 健太 16 荻原 要
2 立川 直道 17 手塚 洋成
3 岩爪 航 18 端本 太郎
4 新関 世志輝 19 鈴木 康太
5 今野 達郎 20 稲橋 良太
6 大鰐 健 21 李 明根
7 フィナウ・フィリペ 22 高橋 銀太郎
8 タキタキ・エロネ 23 サム・ノートンナイト
9 井上 大介
10 立川 理道
11 ケイド・ポキ
12 セイララ・マプスア
13 カトニ・オツコロ
14 伊藤 有司
15 森 功至

個人得点

氏名 T G PG DG
立川 直道 1 0 0 0 5
セイララ・マプスア 1 0 0 0 5
立川 理道 0 2 2 0 10

入替・交替

種類 時間 背番号
入替 前半 26分 6 → 19
入替 後半 6分 4 → 20
入替 後半 10分 12 → 23
入替 後半 10分 15 → 22
入替 後半 17分 1 → 17
入替 後半 17分 2 → 16

レポート

【トップリーグ第3節 東芝ブレイブルーパス戦試合レポート】

トップリーグ初勝利から1週間、早くも第3節がやってきた。
対戦相手は過去の実績からも誰もが認める強豪 東芝ブレイブルーパス、大きなチャレンジになることは間違いないが、
不安や緊張などはなく、むしろそんなチャレンジができることが楽しみでならなかった。
いつもどおりに準備をしながら、でも、いつも以上に気持ちを昂らせて神奈川 ニッパツ三ツ沢球技場へと乗り込んだ。


syugo.jpg


蒸し暑さの残る午後4時、東芝のキックオフで試合が開始した。
キャッチした直後、いきなり東芝がターンオーバー、自陣へ襲いかかる青いジャージに
1分、あっさりと先制を許した。
強豪から洗礼を受けるかのごとく、苦しい立ち上がりが予想された。


だがそんな空気はすぐ払拭される。
ボールを動かし敵陣へ、ターンオーバーされても、キックで地域を挽回するとアグレッシブに攻撃を仕掛けた。
7分、PGのチャンスを得るが惜しくも決まらず、その後もキックやパスを多用し敵陣で
ゲームを展開、すると9分、自ずとチャンスがやって来た。
粘り強くフェーズを重ね22m中央ラックからSH井上が持ち出しSO立川(理)へ繋いで前進、左中間ラックから
SH井上が右へ展開、WTB伊藤が更にライン際に迫ると今季初先発HO立川(直)がラックから持ち出し右隅へ
飛び込み気迫のトライ。
SO立川(理)のコンバージョンも決まり、7-7スコアを振り出しに戻した。


inoue.jpg


john.jpg


その後は東芝の反撃を前に出るディフェンス、低いタックルで止め続け、自陣ゴール前での苦しい時間を凌いだ。
そこから行ったり来たりの激しい攻防、息をのむ展開が続くが、キックで確実にエリアを獲得し次第に自分達の
ペースを掴み出したスピアーズ、22分、28分と立て続けにPGのチャンスを得ると、SO立川(理)が確実に決めて
13-7とした。


difence.jpg


haru.jpg


東芝の攻撃を止めては攻めるスピアーズ、一度ボールを手にすると、縦に横に素早くボールを動かし果敢に攻めた。
そして31分、ゴール前右中間ラックからSH井上が左へ展開、SO立川、CTBオツコロ、WTBポキと繋ぎ、最後は同じく
初先発CTBマプスアが左隅に飛び込みトライ。
SO立川(理)のコンバージョンも決まり、20-7とリードを広げた。


poki.jpg


seilala.jpg


更に敵陣で攻撃の時間が続くが、次第に東芝も自陣へと攻め込み、終了間際にPGでの追加点を許し20-10で前半を終えた。

スコアが示すとおりリードし、流れはスピアーズに、そして確かな手応えも誰もが感じていたが、相手は東芝、このまま終わる
はずもない覚悟もあった。

スピアーズのキックオフで後半が開始
前半からの勢いは途切れず、まずは敵陣へと攻め込み追加点を狙うスピアーズ、東芝も堅い守りから隙あらば攻め返す、
けれども焦ることなくボールを奪うと攻め続けた。
次なるスコアが欲しいスピアーズ、だが9分キックチャージから東芝がトライ。
20-17といっきにスコアが迫った。


それでもアンラッキーな失点に気を落とすことなく、キックオフから敵陣へと攻め込んだスピアーズ、ゴール前でテンポよく
ボールを動かしチャンスを待った。


けれども東芝のすさまじいディフェンスが立ち塞がる。
あと一歩のところで阻まれては、諦めずに何度も何度も攻め続けた。


konno.jpg


tezuka.jpg


filipe.jpg


攻めるスピアーズ、守る東芝、敵陣ゴール前での激しい攻防がいったいどれほど続いただろうか。
あと一歩のところでゴールラインを越えられないまま気付けばノーサイドまでのカウントダウンが始まった。
わずかにリード、もちろん守りに入る者はなく、誰もが油断も慢心もなく、けれども数分後の勝利を強く信じた。


takitaki.jpg


scrum_02.jpg


だが38分、東芝が自陣へと蹴り込んだボールをインゴールへ持ち込みトライ。
20-22逆転を許した。


信じがたい現実に肩を落とす暇もなく、残り時間、ただただボールを捥ぎ取りたい一心で守るスピアーズ、
けれども思いは届かず、無常にもホーンが鳴りノーサイド。


悔しすぎる結末となった。


スコアの差に関係なく結果は負け、けれどもスコアの差は100%の力を出し切った証であり、強豪と互角に戦えることを示した。


あと一歩届かなかった東芝戦、言い訳をする必要はないが、この一戦、この敗戦に意味や価値を見出すのは自由だ。


今日があったからこそスピアーズは確実に強くなった。
そしてもっともっと強くなれる。


enjin.jpg


no_side.jpg


ページの先頭へ