MENU

GAME試合結果

2020-21シーズン トップリーグ 第1節試合結果

21.02.20(土)14:00キックオフ


クボタスピアーズ

宗像サニックスブルース
43 合計 17
T G PG DG   T G PG DG
2 2 1 0 17 前半 1 1 0 0 7
4 3 0 0 26 後半 2 0 0 0 10

出場選手

# スターティングメンバー # リザーブメンバー
1 海士広大 R 杉本博昭
2 マルコム・マークス R 羅官榮
3 北川賢吾 R 才田智
4 デーヴィッド・ブルブリング R 青木祐樹
5 ルアン・ボタ R バツベイシオネ
6 トゥパフィナウ R 岡田一平
7 ピーター・ラピース・ラブスカフニ R 岸岡智樹
8 末永健雄 R ライアン・クロッティ
9 井上大介
10 バーナード・フォーリー
11 タウモハパイホネティ
12 立川理道(Cap)
13 テアウパシオネ
14 ゲラード・ファンデンヒーファー
15 金秀隆

個人得点

氏名 T G PG DG
バーナード・フォーリー 1 5 1 18
末永健雄 1 5
マルコム・マークス 2 10
トゥパフィナウ 1 5
テアウパシオネ 1 5

入替・交替

種類 時間 背番号
入替 後半21分 9 → 21
入替 後半21分 10 → 22
入替 後半21分 13 → 23
入替 後半23分 7 → 20
入替 後半23分 4 → 19
入替 後半26分 3 → 18
入替 後半26分 2 → 16
入替 後半26分 1 → 17


レポート


1年ぶりのトップリーグがいよいよ開幕!
新型コロナウィルス影響で昨シーズンの延期と中止。
そして、今シーズンの開幕延期が重なり、どのチームも公式戦は1年ぶり。
昨年秋からはプレシーズンマッチが行われましたが、やはり公式戦の緊張感が違うのは、やるほうも見るほうも同じではないでしょうか。
会場は昨年連携協定を結んだ成田市の中台運動公園陸上競技場。

クボタスピアーズは、千葉県ラグビー協会との共同開催で、興行ゲームとして実施。
初めてトップリーグが開催される成田市で、ラグビーの魅力をしっかりと体感してもらうため、さまざまな施策を準備してこの試合に臨みました。



↑陸上トラックに座席を用意して、選手と同じ目線で試合を観戦できる特別席は、スポンサー企業やファンクラブ会員を対象に販売された



こうして有観客で試合を開催させるために、協力して頂いた自治体・協会関係者の方々、そして成田市まで遠征してくれた相手チームの宗像サニックスブルースに感謝したいと思います。


クボタスピアーズは会場にオレンジ色が目立つホームの雰囲気の中、2009年シーズンぶりの開幕戦勝利を目指します。




前半:風下の前半にクボタペースだが度重なるターンオーバーで苦戦




風速は6m。しかし、時折突風のような強風が吹く中キックオフ。クボタスピアーズは、風下での前半。オーストラリア代表71キャップを誇るバーナード・フォーリー選手のキックでスタートすると、相手チームの日本代表としてRWC2019 でも活躍したレメキ選手がキャッチ。それにクボタスピアーズ1番海士選手がタックルする、開始10秒で「これぞトップリーグ」と思わせるプレーでスタートを切ります。



クボタスピアーズがマイボールで中盤からアタックを仕掛けると、早い出足でサニックスディフェンスがプレッシャー。相手チームのこの試合にかける思いが伝わるディフェンスでしたが、これがオフサイド。クボタスピアーズはタッチに蹴ってラインアウトを選択すると早速のゴール前チャンスを得ます。


そこからの近場を中心にコツコツと攻め、トライを奪いにいきますが、相手のしぶといディフェンスが続きスコアにつながりません。しかし、それでも相手にプレッシャーを与え、相手の反則が続き、9分。ゴール前中盤から安定したスクラムを組むと、№8末永選手から井上選手にパス。井上選手ボールをもらうと相手を引き付け、鋭いパスでゲラード選手に。タックルを受けながら オフロードパス*1でフォーリー選手に繋ぐとそのままインゴールにトライ。その後のコンバージョンキックも角度のあるなかフォーリー選手が決めて7-0でリードとします。







その後も、クボタスピアーズはセットプレーも安定し、ダイレクトな攻撃とグラウンドを広く使う攻撃を巧みに使い、相手ディフェンスに的を絞らせません。
この日のために準備していたプレーでを使いながら、敵陣でプレーを続けますが、前半23分インターセプトからトライを奪われ、同点とされます。


なんとか前半を勝ち越したいスピアーズは、まずは確実に29分にペナルティゴールをフォーリー選手が決めて10-7と勝ち越します。



その後のリスタートで、ボールをファンブルしピンチの局面を迎えますが、それを救ったのはルーキーのタックルでした。
サニックスがバックスから展開したボールを、外側から鋭いスピードでタックルを仕掛けた金秀隆選手。相手がボールを落とし、ノックオン。マイボールにします。


そして、前半終了間際、再三押し込んでいたスクラムをゴールラインまでプッシュし、末永選手がグラウディング*2。終了間際に手ごたえを掴むスクラムトライでゴールも成功し17-7と10点差で前半を終えます。




後半:前半の布石が爆発。後半スタートからの4連続トライで試合を決める


後半は前半でのプレーの裏をかいた戦術で相手のディフェンスのスキを突きます。
後半2分のモールを押し込むと見せかけて末永選手⇒マルコム選手とつないだプレーでトライを奪うと、





後半9分フォワードとバックスが一体となった早いパス回しでトゥパ選手トライ。






後半12分、ゲラード選手の外側のランからゴール前に迫り、ラックを作ると、テアウパ選手が持ち出しトライ。




後半17分敵陣ゴール前サニックスボールからインターセプトしてマルコム選手トライと4連続トライで43-7とします。




その後試合終了までにリザーブ選手全員を投入し、総力戦で試合を締めに行きますが、相手は攻撃的な姿勢をくずことなく24分と30分にトライを奪われてしまいます。
しかし、そのままノーサイドとなり最終スコア43-17で、開幕戦を11シーズンぶりに開幕戦を勝利することができました。







【フラン・ルディケヘッドコーチからのコメント】

「まずはこうしてトップリーグができることに感謝したいです。
初戦を勝利することができてよかったです。選手たちは強いパフォーマンスを見せてくれました。前半は風下で苦しかったですが、それでも自分たちのやりたいことができましたし、後半に繋がったと思います。課題はありますが、それを次戦に活かしたいと思います。」





【立川キャプテンコメント】

「フランヘッドコーチが言ったようにこうしてラグビーができることに感謝したいです。協会や会社、ファン、そして家族のサポートのおかげだと思います。
試合はタフなコンディションの中の試合でしたが、みんながハードワークして勝利できました。自分自身も初めての開幕戦の勝利に嬉しく思います。」





【金秀隆選手コメント】

「初めてのトップリーグでしたが、チームも勝利して、個人的にも楽しむことができました。岸岡選手を初めとした大学時代から活躍していたクボタスピアーズの同期たちと一緒にプレーすることがとても刺激になっています。それがこうして試合に出場できたことに繋がったと思います。今後もバック3を中心にプレーしていきたいです。」





【マルコム・マークス選手コメント】

「こうしてシーズンがはじまってよかったです。クボタスピアーズでプレーできることを嬉しく思いますし、この仲間たちと今後も戦えることを嬉しく思います。
今日の2トライを取れたことは、まずはチームの仲間たちがハードワークしてくれたおかげでだと思います。2トライ目のインターセプトは運が良かったです。開幕戦を勝利することができて、シーズンに勢いをつけることができたと思います。」






【ピックアップ写真】


↑マンオブザマッチはマルコム・マークス選手



↑さすがの安定感を見せたスクラムハーフ井上選手



↑強風の中、ゴールキックを成功し続けたフォーリー選手はこの試合18得点



↑本来のポジションのフランカーではなく№8として出場した末永選手は、攻守ともに際立つプレーを見せる



↑速くて強いウィングのホネティ選手



↑岸岡選手は後半出場してトップリーグデビュー



【ラグビー用語解説】


1.オフロードパス
タックルを受けながらのパス
2.グラウディング
手に持ったボールを地面につけること



【次戦のお知らせ】

トップリーグ2021第2節 
相手: 東芝ブレイブルーパス
日時:2月27日(土) 12時キックオフ
場所:秩父宮ラグビー場


チケット情報
https://www.top-league.jp/ticket/


TV放映
2021年2月27日(土) 午前11時 50分~


SNS・アプリ
Twitter&スポライブ(https://spo.live/)にて速報有り


OFFICIAL PARTNER