MENU

GAME試合結果

順位決定戦2回戦試合結果

18.12.08(土)13:30キックオフ


クボタスピアーズ

NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
13 合計 36
T G PG DG   T G PG DG
1 0 1 0 8 前半 2 2 0 0 14
1 0 0 0 5 後半 3 2 1 0 22

出場選手

# スターティングメンバー # リザーブメンバー
1 海士広大 16 大熊克哉
2 杉本博昭 17 羅官榮
3 松波昭哉 18 古賀太貴
4 金昊範 19 青木祐樹
5 ルアン・ボタ 20 バツベイシオネ
6 ピーター・
ラピース・ラブスカフニ
21 岡田一平
7 末永健雄 22 シオネ・テアウパ
8 ドゥエイン・
フェルミューレン
23 近藤英人
9 井上大介
10 川向瑛
11 合谷和弘
12 立川理道 (Cap)
13 バーガー・
オーデンダール
14 伊藤有司
15 ゲラード・
ファンデンヒーファー

個人得点

氏名 T G PG DG
バーガー・オーデンダール 1     5
ゲラード・ファンデンヒーファー     1   3
川向 瑛 1       5

入替・交替

種類 時間 背番号
入替 後半0分 8 → 20
入替 後半29分 1 → 17
入替 後半29分 3 → 18


レポート

順位決定2回戦は千葉ダービーに!今季目標のために必勝のゲームがキックオフ!!


前回のサントリー戦では、負けはしたものの最後までひた向きに戦い続けたスピアーズ。
その戦いぶりは、ファンならずとも見る人に感動を与えるものでした。
試合後の選手の出し切った姿、そして悔しそうな表情を見れば、いかに選手たちが勝利を手にしたかったかがわかります。
試合後のフランヘッドコーチのコメントでも、戦い抜いた選手たちに敬意を払い、労いながらも「我々がほしいものは勝利だ!」と力強く述べました。
その信念は今節でも同じです。チームもファンもすべての人が望む、勝利のためにチーム一丸となってこの試合に挑みます。
相手は同じ千葉県所属のNTTコミュニケーションズシャイニングアークス。この一戦は千葉ダービーとなりました。つい一か月前にもNTTコムとは練習試合をしたばかりで、その時は17-31で敗れています。
今季の目標であるトップリーグ6位以上を目指して、負けられない戦いがキックオフしました。




課題の立ち上がりは悪くも、バーガー選手のトライなどで6点差で折り返す

スピアーズはこの数節、前半の立ち上がりが良くありません。
今回もその課題は修正されず、前半2分に早速トライを許します。


前半10分まで互いにキックを使った、エリアの取り合いが続きますが、ややNTTコムの優勢。しかし前半13分、中盤でのディフィンスで伊藤選手がタックルでプレッシャーをかけたところ、次フェイズで相手パスをバーガー選手がインターセプトし、50mを走り切りトライ!ゴール不成功で 5-7と追いつきます。




しかし、その後スピアーズはラインアウトで2本のターンオーバーを許すなど、セットプレーで苦しみます。21分にもラインアウトターンオーバーから相手に攻め込まれ、自陣でペナルティを犯し、ペナルティーゴールを狙われます。


しかし、それでもスピアーズはラインアウトディフィンスで奮闘。
相手ラインアウトをターンオーバーすると海士選手のゲインもあり、敵陣ゴール前まで攻め込みます。



この敵陣ゴール前スクラムのチャンスで、相手が蹴ったボールからカウンターすると、相手ディフィンスのプレッシャーを受け、ターンオーバー。そこからキックによりゴール前まで攻め込まれたところ、左右に展開されトライされます。(前半27分 5-14)



その後、ゲラード・ファンデンヒーファー選手のペナルティーゴール成功で8-14としたところで前半が終了します。
スピアーズはペナルティやセットプレーのミスなどによりリズムをつかめず、相手ディフェンスのプレッシャーを受けてしまった前半となりました。
しかし、これまでのスピアーズであれば後半修正し、逆転することが可能です。これまでもそうしたゲームをいくつも見せてきました。




後半の立ち上がりはスピアーズペースになるも、勝負の時間帯に2トライ奪われ波に乗れず

後半の立ち上がり、キックを有効に使うことで、前半より優先な試合展開となります。立ち上がりの10分はほぼ敵陣でプレーします。






後半11分には、ゴール前10m付近での相手ペナルティから井上選手がすぐにリスタートすると一気にゴール前まで、攻め混み川向選手がインゴールに飛び込みます。ゴール不成功となりますが、13-14と相手を一点差まで追い詰めます。



また、このトライ前のペナルティにより相手の中心選手である8番の選手がシンビン、試合時間が残り30分にして、スピアーズにとって有利な展開となります。
この時間帯に逆転し、ペースを掴みたいところです。


しかし、その後のリスタートをタッチに出されると、その後のラインアウトからトライ(13-19)
21分にもスピアーズのドロップアウトから、うまく自陣から脱出することができずターンオーバーされトライを献上(13-26)と、チャンスと思われた相手シンビン時間帯に2トライを奪われ、逆にNTTコムが完全にペースを握ります。 その後もこれまで互角だったスクラムでペナルティを犯し、ゴールを決められます(13-29)最後はディフィンスで前に出たところを逆に突破され、40m走り切られトライ。
ゴール成功で13-36でノーサイドとなりました。





【フラン・ルディケヘッドコーチのコメント】

「今日の試合は私たちのスタンダードではありませんでした。相手にプレッシャーをかけることもできませんでしたし、私たちのしたいラグビーをすることができませんでした。相手は素晴らしいゲームをしたと思います。
私たちの強みであるキッキングゲームとボールを継続して攻撃することができませんでした。あと、1試合残っています。今シーズンのいい流れを再び引き戻せるように、いいゲームをして勝ちたいと思います。大切なことは、今日の結果を受け入れ、応援してくれる皆さんに対して、これまでの強いスピアーズを見せることです。」


【立川キャプテンコメント】

「この試合は、互いにトップ4を逃して、メンタルが試される難しいゲームだったと思いますが、相手は自分たちの強みを出せたのに対し、私たちはゲーム中で修正することができず、この結果となりました。
また、後半10分からの勝負の分かれ目となる時間帯で相手にペースを取られたことが敗因のひとつでもあると思います。
私たちは下を向く暇はありません。やるべきことはたくさんあります。最後の試合で勝って終わることができるように前を向いて、チーム全員で取り組んで行きたいと思います。」


※試合写真は公式Facebookにも、多数掲載しております。


OFFICIAL PARTNER