WCトーナメント ファイナル NECグリーンロケッツ戦試合結果

2010年1月23日12:00キックオフ


クボタスピアーズ
NECグリーンロケッツ
21 合計 22
T G PG DG   T G PG DG
1 - 1 - 8 前半 1 - - - 5
1 1 2 - 13 後半 2 2 - - 17

出場選手

    
# 前半 後半
1 手塚 洋成 手塚 洋成
2 荻原 要 荻原 要→竹野 慈
3 中島 貴司中島 貴司→端本 太郎
4 鈴木 康太 鈴木 康太
5 今野 達朗 今野 達朗
6マイケル・ブロードハースト マイケル・ブロードハースト
7 鈴木 力 鈴木 力→大鰐 健
8 トウタイ・ケフ トウタイ・ケフ
9 李 明根 李 明根→茂木 隼人
10 シェーン・ドゥラーム シェーン・ドゥラーム
11 河津 賢太郎 河津 賢太郎→阿部 博典
12 カトニ・オツコロ カトニ・オツコロ
13 高野 彬夫 高野 彬夫
14 小堀 弘朝 小堀 弘朝
15 吉田 英之 吉田 英之

個人得点

氏名 T G PG DG
シェーン・ドゥラーム 0 1 3 0 11
カトニ・オツコロ 1 0 0 0 5
カトニ・オツコロ 2 0 0 0 10
マイケル・ブロードハースト 1 0 0 0 5

レポート

日本選手権ワイルドカード。今年新設されたシステムに則り、初戦のサニックスに快勝したNECと対戦しました。

相手はリーグ戦序盤でまさかの不振に陥りましたが、元々は力を持っているだけあって、シーズン終盤に上り調子の状態に仕上げてきたのはさすがです。

その勢いに対してスピアーズは真っ向勝負を挑みました。

戦前に予想していた通り、序盤から両者がっぷり四つとなり、お互いに自分達の強みを活かそうと必死に攻防を繰り広げました。

ここまでくると相手の手の内はお互いに知っているので、後は細かいミスと試合の流れが勝敗を分ける展開となりました。

そして最後の最後に無常のホイッスルが吹かれ、今シーズンの全てが終わりました。

スピアーズとしては後半のリードしている状態から、最後のあの局面にもつれ込んだこと自体が、力不足だったのかもしれません。

しかし試合終了後メンバー外の選手達がグラウンドに降りてきて、力を出し切った選手達に労いの言葉を掛けている姿は、これからのスピアーズの大きな可能性を感じさせてくれるものでした。

今シーズンもスピアーズへ暖かいご声援をいただき、本当にありがとうございました。

この場をお借りして心より御礼申し上げます。

東京でも大阪でも、京都、熊谷、愛媛、神戸、博多と、どこへ行ってもスピアーズを応援してくださる方々がいて、その熱さにいつも感動を覚えながらゲームに臨んでおりました。

来シーズンはもっと皆様を安心させられるようなチームになって戻ってきたいと思っております。

このNEC戦の忘れられない悔しさは、必ず次のシーズンの糧にしていきます。

今後ともご支援の程、宜しくお願い致します。

ヘッドコーチ兼BKコーチ 佐野 順

001.jpg

002.jpg

003.jpg

004.jpg


ページの先頭へ