ワールドファイティングブル戦試合結果

2006年12月 9日12:00キックオフ


クボタスピアーズ
ワールドファイティングブル
28 合計 24
T G PG DG   T G PG DG
2 1 3 0 21 前半 2 1 1 0 12
1 1 0 0 7 後半 2 1 0 0 12

出場選手

ポジション # 氏名
FW 1 伊藤邦行→佐川聡(後19)
2 荻原要
3 中島貴司
4 鈴木康太
5 赤塚隆→大鰐健(前10)
6 岩上篤史
7 鈴木力
8 トウタイ・ケフ
HB 9 笠倉みちる
10 伊藤宏明→高橋銀太郎(後25)
TB 11 根岸康弘
12 渡海谷保
13 K.オツコロ
14 柴原英孝
FB 15 吉田英之

個人得点

氏名 T G PG DG
伊藤宏明 0 2 3 0 13
根岸康弘 2 0 0 0 10
吉田英之 1 0 0 0 5

レポート

トップリーグの前半節で本来の力が発揮できず調子の上がらなかったワールドであるが、メンバーやここ数年の戦いからウインドマンス中にチームを立て直してくることを十分警戒した。一方スピアーズは、セコム戦の反省点である「心の持ち方」について意識してゲームに臨んだが、立ち上がりのトライで気が緩んだのか、ワールドの勢いに押される時間の長いゲームにしてしまった。
それでも前半のリードを考えると、後半締め直せる状態であったのだが、この日は最後まで受けの状態を断ち切ることができなかった。常に同じ力を発揮する「強さ」や「安定力」の獲得を目指してきた我々にとっては、まだまだその域に達する努力が足りないことを痛感した。
ゲーム内容としては、各人のミスが多く、またそのカバーにも十分対応できていない。ワールドのように勢いを前面に出してくるチームに対し、気持ちで受ければ、ミスボールへの働きかけやコンタクトの部分で後手に回り、勢いを与えることになる。それ故、スピアーズのタックルミスやターンオーバーされる回数が増えることになる。
継続アタックで得点を重ねるチームが攻撃を寸断されるのならば、当然トライは生まれなくなり、4トライは奪えずボーナスポイントを失うことになってしまった。
その中で、この日先発2試合目のWTB根岸が確実に2トライを奪い、少ないチャンスに期待に応えてくれたことは、評価したい。そして、ワールドに追いつめられながらも何とか対ワールド戦の公式戦初勝利をもぎ取ったことは、多少なりとも精神的な強さと頑張りがチームに芽生えていることと思いたい。

ラグビーは15人が少しでも戦う姿勢を崩せば、流れが大きく変わってしまうもの、今回は勝って反省ができる幸運を大事にして、次節へこの反省を生かしたい。
次節もこれまで公式戦では勝星の無い、トヨタとの戦いとなる。トヨタもトップ4入りには負けられないゲーム、決して甘く無い戦いになるはずである。スピアーズとしては失うものは何も無い、チャレンジャーとして、この日のワールドのようにひたむきに向かっていくこと、体をはりボールを奪うこと、激しいタックルから勝負を挑み、応援してくれるサポーターの皆様の魂を揺さぶるような戦いで、勝利を勝ち取りたい。


ページの先頭へ