MENU

 >  新着情報 >  ニュース・トピックス  >  千葉県成田市との連携協定を締結しました

NEWSニュース・トピックス

2020.09.17 ニュース・トピックス

千葉県成田市との連携協定を締結しました

ジャパンラグビートップリーグ所属のクボタスピアーズは、ラグビー活動を通じて地域振興及び地域貢献に取り組み、青少年の健全な育成、市民の健康増進及び豊かな社会生活を実現することを目的とした連携協定を、千葉県成田市と締結しました。
連携協定に関する調印式は、9月17日(木)に成田市役所にて開催され、クボタスピアーズより松木ラグビー部長が参加しました。またこの調印式に合わせて、(株)クボタより当社グループが製造販売している業務用加湿空気清浄機「ピュアウォッシャー」を寄贈しました。




クボタスピアーズ ラグビー部長 松木弘志 コメント

「この度は成田市様とラグビーフットボール活動を通じた連携協定を締結できたこと、大変嬉しく思います。
今回の連携協定では、成田市様とこれまでの関係をより強化することで、ラグビー活動を通じて地域振興・地域貢献などに貢献してまいります。また、ラグビーの普及・育成のみならず、地域に根差した様々な活動を通じて、地域の課題解決など新たなる価値を提供し成田市民の皆様に愛されるチーム・応援されるチームとなり、今後予定されている成田市様での公式戦では満員の観客の中で我々クボタスピアーズがプレーできるように活動してまいります。」


成田市長 小泉一成 コメント

「この度、クボタスピアーズ様と連携協定を締結できましたこと、大変喜ばしく思います。この協定は、両者が協力しながらラグビーフットボールを通じた地域振興・地域貢献を進めていくものであります。本市では、2021年シーズンには公式戦の開催を予定しており、さらには、2022年1月以降に開幕を予定している新リーグにクボタスピアーズ様が参入にするにあたり、本市がホストエリアとして選定されております。こうしたことから、今後、多くの市民へ魅力溢れる事業の展開ができるとともに、お互いの更なる飛躍につながることを期待しております。」



〈ご参考〉クボタスピアーズについて

1978年創部。1990年、株式会社クボタの創業100周年を機にカンパニースポーツと定め、
千葉県船橋市内にグランドとクラブハウスを建設。船橋市及び周辺エリアを本拠にチーム強化を図ってきた。 チームは着実に上位リーグへの昇格を重ね、ジャパンラグビートップリーグ発足時から、クボタスピアー ズとして名を連ね、以来トップリーグの常連として戦って来た。
 「Proud Billboard 」のビジョンの元、強く、愛されるチームを目指し、ステークホルダーの「 誇りの広告塔」となるべくチーム強化を図る。
 昨年開催されたラグビーワールドカップ2019出場選手である
ピーター"ラピース"ラブスカフニ(日本代表)
ライアン・クロッティ(ニュージーランド代表)
バーナード・フォーリー(オーストラリア代表)
に加え、ワールドカップ優勝国の南アフリカ代表よりマルコム・マークスが今季加入。
指揮を取るのは、南アフリカの名将として知られ、今季5年目となるフラン・ルディケヘッドコーチ。


〈ご参考〉ピュアウォッシャーについて

・ピュアウォッシャー製品サイト https://www.kubota.co.jp/product/purewasher/
・(2020年5月18日)「新型コロナウイルス感染拡大に伴う医療機関や自治体への支援について」 https://www.kubota.co.jp/new/2020/20-38j.html

OFFICIAL PARTNER