MENU

 >  新着情報 >  社会貢献活動  >  船橋青少年つどい大会に参加しました

CSR社会貢献活動

2015.10.21

船橋青少年つどい大会に参加しました

2015年10月18日(日)にチーム活動拠点のある船橋市内の小学生35人とそのご家族を対象にラグビー体験教室・タグラグビー講習を実施しました。天候にも恵まれ10月としては暑さを感じる中、子どもたちは元気いっぱいにボールを追いかけ、初めて扱うラグビーボールとスピアーズ選手との触れ合いを楽しみました。



開会式、石倉監督の挨拶 当日は千葉TVやケーブルTVも取材に来られました。



市内で公募された小学生35人が参加しました。



始めはしっかり準備体操から!



萩澤選手を中心にコミュニケーション



パスのデモは早稲田大学ライン(左:高橋(銀)選手、右:茂木選手)



パスのレクチャーの様子



パスを繋ぐリレー!最後までパスでつないだら・・・x



端から端までラン!!



青少年指導員の方々も参戦!小学生よりも興奮してる!?笑



続いてラグビー体験コーナー パスターゲットへ正確なパス!




ラインナウト体験 子どもたちだけでなく大人もあまりの高さにびっくり!




コンタクト体験 助走をつけて思い切りぶつかりに行く子どもたち




気持ちが高ぶるあまり、タックルをする大人の参加者も!笑



キック体験




小学生の中でも大流行のこのポーズ



四角のエリアから選手に捕まらずに抜くドリル! 



青木選手



古賀選手



子どもたちの前に立ちはだかる今野選手



自然と溢れる子どもたちの笑顔が眩しい!



1対1ドリル




続いてタグラグビー指導



元気よく「タグ!!」



タグ取り1対1ドリル 鈴木(貴)選手と柴原選手(右)のデモ









タグラグビーのデモゲーム





最後はしっかり片づけまで



お楽しみの交流は子どもたちは各選手とサイン、握手、写真撮影タイム!!






最後に全体集合写真→お見送りハイタッチ!!




参加してくれた小学生たちもW杯に影響を受けた子が多く、興味を持って様々なドリルを体験していた様子でした。
各ドリルでラグビーの魅力をたっぷり伝えられたのか、会場を後にする子どもたちの顔には朗らかな笑顔と充実感が浮かんでいたように感じられました。 クボタスピアーズは今後もラグビーの普及・育成活動を継続し、競技人口の拡大と競技力向上に力を尽くしていきます。


OFFICIAL PARTNER