千葉市立院内小学校 タグラグビー授業

3月9日(水)、スピアーズは千葉市立院内小学校にてタグラグビー授業を行いました。
心配されたお天気も何とか持ちこたえ、3年生の生徒達を対象に、予定通り開催することができました。


オープニングの挨拶は栗原コーチから。




ウォーミングアップの人数合わせゲームを担当した、白井選手。




当日はチバテレビさん、千葉日報さんも取材に来て下さいました。

生徒たちに一緒に、ボールを使ったゲームで楽しむ井上(卓)選手。




タグをとったら大きな声で「タグッ!」と言うように!
中心となって説明するのは森脇選手。




みんなで一緒に・・・




タ~グ!!


 


恥ずかしがらずに、もう一度大きな声で・・・・



ターグッ!!!みんな元気いっぱいです!


その後はグループに分かれて。こちらは鈴木(貴)選手のグループ。


こちらもタグ取りの練習。率先して声を出す立川(直)選手。




次は2人1組で、手をつなぎながら、相手のタグを取り合うゲーム。
説明を行うのは古賀選手。






子供たちの気持ちを盛り上げる、高橋(拓)選手。




最後は、スピアーズ選手のデモンストレーションを行いました。
キックの高さやキャッチの上手さ、パスの飛距離・スピードに子供たちからは「すご~い」や「うわ~」といった驚きの声があがっていました。




全てのメニューが終わった後、子供たちの前で挨拶をする萩澤選手。




体を動かした後は、生徒のみんなと一緒に給食をご馳走になりました。
子供たちから大人気の岩爪選手。




元気な院内小学校生を相手にしても、負けないくらい元気な伊藤選手!





本当に明るく、元気な院内小学校の生徒達。
スピアーズの選手・スタッフ一同、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

スピアーズは今後も、ラグビーの素晴らしさ・魅力を伝えられるように、タグラグビーの普及活動に貢献して参ります。



ページの先頭へ