船橋市田喜野井小学校 タグラグビー授業

4月20日(水)、クボタスピアーズは船橋市立 田喜野井小学校の6年生80人を対象にタグラグビー教室を行いました。
当日は素晴らしいお天気に恵まれて、元気いっぱいの田喜野井小学校生と2時間余り、楕円球を追いかけました。
最初の挨拶での一コマ。
当日は栗原コーチ、立川(直)選手、鈴木選手、天坂選手、高橋選手、田中選手、井上(卓)選手、茂木選手、青木選手、高野コーチが参加しました。




挨拶終了後、さっそく体を動かします。
ウォーミングアップの体操と人数合わせゲームを担当する、天坂選手と青木選手。





ウォーミングアップの後はタグラグビーボールを持ってのリレーです。
写真は茂木選手と井上(卓)選手。





初めて楕円球にふれる子も多く、最初はなかなかボールが手につきません。
しかし徐々に慣れてくると、パスもスムーズになってきました。
青木選手も一緒に走ります!



楕円球にも大分慣れてきたところで、いよいよタグを装着します。
児童たちのタグ付のサポートをする天坂選手。



全員しっかりタグの装着ができているかを確認したところで・・・



恒例の高橋選手の掛け声に合わせて、全員で「タ~グ!!」



スピアーズの選手にタグをとられないように、走り抜けるゲーム。選手も必死です!





最後のメニューは、ゲーム形式の練習です。
初めは、後ろにパスをしてはいけないといったことや、オフサイドのルールが難しく戸惑った様子でしたが、みんなすぐにルールを覚えてくれ、ナイスプレーが随所にみられるようになりました。





その後、選手たちのデモンストレーションの時間です。
見事なジャンプキャッチをみせる高橋選手。




スクラムの押し合い。立川(直)選手とスクラムを組みます!



お礼の挨拶をしてもらいました。


最後に全員で集合写真。


田喜野井小学校6年生のみなさんの前向きな取り組み姿勢のおかげで、クボタスピアーズの選手・スタッフ一同素晴らしい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました!!

これからもクボタスピアーズはタグラグビーの普及を通じて、ラグビーの魅力を伝えられるように、取り組んで参ります。

Team spears!!


ページの先頭へ