4月27日(水) 船橋市立 金杉台小学校タグラグビーレポート

クボタスピアーズは4月27日、船橋市立金杉台小学校の6年生を対象にタグラグビー教室を行いました。
 当日は雨が心配される天気予報でしたが、なんとか持ちこたえ予定通りタグラグビー教室を行うことができました。


当日の選手控え室を用意してもらいました。選手達はここで着替えて、いざタグラグビー教室へ!



開始前に生徒たちに話しかけるスピアーズの選手たち



いよいよ開始です。校長先生からチーム紹介の挨拶をして頂きました。



開始の挨拶は岩上チーム統括から
左から、高野テクニカルコーチ、望月選手、森脇選手、井上(卓)選手、森選手、伊藤選手、鈴木(貴)選手、 田村選手、田中選手、高橋選手、立川(直)選手、岩上チーム統括が参加しました。



さっそくウォーミングアップを行います。
ウォーミングアップ担当は森脇選手。子供たちの緊張もほぐれてきました。





選手も一緒になって人数合わせゲームを行います。



人数合わせゲームで分かれたチームで、ラグビーボールを使ったゲームを行います。
初めてラグビーボールを持ったという子も多くいましたが、徐々にみんな慣れてきました。



ラグビーボールに慣れてきたところで、いよいよタグをつけてラグビーの授業です。
高橋選手の「タ~グ~」の掛け声!!



タグの取り合いで1対1のデモンストレーションを見せる高橋選手と田中選手。
もちろん、真剣勝負。



タグ取りの相手になる森脇選手と伊藤選手。



その後は、スピアーズの選手がDFになってのタグラグビーを行います。






最後には選手を抜き去ってトライするほど、みんな上達していきます!


最後は高野コーチから締めのあいさつ。



体を動かした後はお腹が減ります。今回も生徒達と一緒に給食を食べさせて頂きました!

教室に向かう望月選手。手にしているのは、子供たちにプレゼントするスピアーズ特製クリアファイルです。









金杉台小学校の皆さん、たくさんの笑顔をプレゼントして頂きありがとうございました。
クボタスピアーズは今後もタグビーの普及を通して、ラグビーの魅力を伝えられるよう取り組んで参ります。

Team spears!!


ページの先頭へ