新関選手が1日警察署長に就任しました

 4月2日(日)、新関 世志輝選手が春の全国交通安全運動キャンペーンの一環として船橋東警察署の一日警察署長に就任し、交通安全運動啓発活動を行いました。


白バイクの側車に乗り、パレードを行いました。









1日警察署長の任命書を受け取ります。





1日警察署就任の所信表明を行います。
「先日、生まれたばかりの息子と家内と一緒に信号を横断していると、一時停止を無視した車が突っ込んできそうになり、本当に怖い思いをしました。と同時に自分がいない時にベビーカーを押して歩く家族の事が本当に心配になりました。
ラグビーの精神を表す言葉に「One for all , All for one」という言葉があります。
この言葉をそのまま現在の交通状況に当てはめ、常に相手の立場を考えて行動していきましょう。
今日一日がそのきっかけになれば嬉しいです。」と挨拶しました。




その後、新関選手と同じく1日警察官に就任した小学生3人と交通安全遵守宣言。








ラグビー体験コーナー












新関選手コメント
「今回、1日署長という貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました。
このイベントをきっかけに皆さんの交通安全に関する活動に少しでも寄与できれば嬉しいです。
自分自身も警察署長のユニフォームを着る事で、気が引き締まると同時に、運転時や歩行時はOne for All , All for Oneの精神で互いの事を考えたいと思います。」


クボタスピアーズはこれからも交通安全運動に協力して参ります。


今回のイベントの様子は4月8日(土)~13日(金)の間、J-COM船橋の「ふなばしCITY NEWS」にて放送されます。


ページの先頭へ