OBの高橋銀太郎氏がミャンマーでラグビー教室を実施しました


5月27日、クボタスピアーズOBの高橋銀太郎氏がミャンマーの都市・ヤンゴンのラグビーチーム「ゴールデンエレファンツ」の皆さんを対象に、ラグビークリニックを実施しました。
今回のクリニックは、ミャンマー出張中の銀太郎氏【(株)クボタ水環境インフラ総括部 海外事業推進グループ】が、休日の日を活用して開催されました。



スピアーズからもボールをプレゼントさせて頂きました。









徐々に人数が集まってきたところで、ウォーミングアップでボールゲームを行います。






いよいよクリニック開始。
まずはパススキルの練習から。



キックスキルの練習の様子



クリニックの最後には、銀太郎氏からクボタスピアーズのマスコットキャラクター・スッピ君のオリジナルファイルを皆さんにプレゼントしました!!









最後はスコールが降りしきる中、「スリーチアーズ」と呼ばれるラグビーの伝統的な儀式を全員で行い、クリニック終了となりました。



【高橋銀太郎氏 コメント】

ミャンマー・ヤンゴンにて活動するゴールデンエレファンツの練習に参加しました。
幼稚園生から大人まで、自由に楽しく楕円球と触れ合う姿勢に、本来のラグビーの楽しさを思い出しました。
途中、ヤンゴンの熱い日差しに体力を奪われ無様な姿を見せてしまいましたが、私自身、約1年ぶりのラグビーということで非常に楽しい時間を過ごすことができました。
またヤンゴンへ行く機会があれば、身体を鍛え直し、練習に望みたいと思います!


ゴールデンエレファンツの皆さん、ありがとうございました!
今後もクボタスピアーズはラグビーの普及に貢献してまいります!!


ページの先頭へ