2018クボタスピアーズラグビーフェスティバルin船橋 開催レポート②

いつもクボタスピアーズを応援して頂き、ありがとうございます。
6月3日(日)に開催した2018クボタスピアーズラグビーフェスティバルin船橋の後半を報告します。


タグラグビー大会終了後の午後の部は、「ラグビー体験会」「スピアーズ大運動会」の内容を実施し、普段接することのできない選手と参加者が、交流する場となりました。


【ラグビー体験会の様子】


↑選手が実際に行っているトレーニングを体験できるトレーニング体験





↑キック体験の様子





↑タグ取り対決の様子



↑タックル体験



↑クラブハウス見学ツアー





↑フードエリアでは、かき氷やご当地メニューを選手自身が販売します。


今回初めての体験会メニューとして、 「車両全員がフロントロー!プロップ満員電車」 を実施しました。
もしも満員電車の乗客全員がフロントローだったらあなたは下車できるか!?という設定で、フロントローの圧を感じてもらう企画で、成功者には石井食品(株)のミートボール引換券がプレゼントされます。




↑小さい子たちは難なく、クリアすることができていました。


また、ファーストジャージを着て、憧れのシチュエーションを再現する
「あの瞬間を完コピ!選手と写真撮影!」
のコーナーは大人も子供も大人気で、ここでしか撮れない写真を撮ることができました。


↑選手たちからパスをもらい・・・



↑トライをして





↑歓喜のセレブレーション!!トライやナイスプレーを仲間同士で称えあうことはラグビーの素晴らしい文化のひとつです。


体験会の後は、スピアーズ選手と参加者の交流イベントとして「スピアーズ大運動会」を実施しました。
選手と参加者を4チームに分け、玉入れ競争と綱引きで対決します。



↑ちょうど運動会時期とあってか、ハチマキを締めた子供たちは気合十分です。


まずはスピアーズオリジナルルールの玉入れ競争。
ラインアウトリフトをして、ジャンパーが持っている籠に玉を入れます。ラグビーボールなら高得点!





↑1分間ラインアウトリフトし続けなければならないので、体重の軽いバックスの選手が普段はすることのないジャンパーになります。


続いて、これもまた運動会の定番綱引き。
選手も混じった綱引きはとても熱狂し、みんな勝っても負けても笑顔で楽しみました。








↑チームを応援するオズボーン選手。掛け声はなぜか「サイタ」でした。


運動会後は、新人選手であるバツベイ選手、大熊選手、孫選手の紹介を行いました。(ナ選手は韓国代表のため欠席です。)



閉会挨拶として、フランヘッドコーチより挨拶



最後に全員集合の記念撮影をして、2018年のフェスティバルを終了しました。
今年も400名近い方々に参加して頂き、皆様のご協力のおかげで笑顔でフェスティバルを実施することができました。


フェスティバルで交流も待った選手たちのプレーを応援しに、ぜひまたグラウンドにお越しください。ありがとうございました。



【告知】
今回のフェスティバルの様子を
J:COM船橋・習志野(地デジ11ch)
で放送します。
放送回の放送予定日は下記のとおりです。

放送期間 6月16日(土)~22日(金)
※上記の期間の内、1日2回 毎日放送します
放送時間 正午~午後0時15分、午後8時~8時15分
※放送終了日(6月22日(金))以降は、
船橋市ホームページ内の動画ポータルサイト「ムービーコレクション」にて常時閲覧可能となります。
http://www.city.funabashi.lg.jp/movie/citynews/

ページの先頭へ