GAME試合結果

練習試合 静岡ブルーレヴズ試合結果

21.11.26(金)13:00キックオフ


クボタスピアーズ
合計 33
T G PT PG DG
前半 3 3 0 0 0 21
後半 2 1 0 0 0 12
VS
合計
 
前半
後半

静岡ブルーレヴズ
合計 19
T G PT PG DG
前半 1 1 0 0 0 7
後半 2 1 0 0 0 12

出場選手

# スターティングメンバー
1 羅 官榮
2 杉本 博昭
3 オペティ・ヘル
4 ヘル ウヴェ
5 デーヴィッド・ブルブリング(Cap)
6 トゥパ フィナウ
7 末永 健雄
8 バツベイ シオネ
9 藤原 忍
10 岸岡 智樹
11 根塚 洸雅
12 永富 晨太郎
13 テアウパ シオネ
14 合谷 和弘
15 ゲラード・ファンデンヒーファー

リザーブメンバー

# リザーブメンバー
R 山本 剣士
R 大熊 克哉
R 才田 智
R 松井 丈典
R 青木 祐樹
R 玉置 将也
R 岡山 仙治
R 土谷 深浩
R 岡田 一平
R 侭田 洋翔
R 近藤 英人
R 髙橋 拓朗
R 中田 翔太
R 島田 悠平
R 桑江 健一郎

個人得点

氏名 T G PG DG
杉本 博昭 2 10
ゲラード・ファンデンヒーファー 3 6
オペティ・ヘル 1 5
島田 悠平 1 5
岡田 一平 1 5
侭田 洋翔 1 2

レポート

11月19日からスタートした別府合宿8日目
今シーズン3試合目のプレシーズンマッチを静岡ブルーレヴズと対戦しました。
静岡ブルーレヴズは、これまで「ヤマハ発動機ジュビロ」として活動、リーグワンでは静岡ブルーレヴズとして新しい名前で戦います。
強化面・運営面でも補強を重なるこの好敵手相手に、スピアーズは過去2戦とは選手を一新したメンバーを構成。前半のメンバーには外国人選手を含む、今季初出場となるメンバーが多く登録されています。その中でも、注目は古巣「ヤマハ発動機ジュビロ」で8シーズンプレーし、今季スピアーズに移籍したヘル ウヴェ選手。そして、これまでのプレシーズンマッチでパフォーマンスを認められ先発入りした藤原選手、岸岡選手、永富選手、根塚選手といった若い選手です。


また、リザーブメンバーには、ここまでハードワークを重ねてきた若手中心のチャンスに飢えた選手も多く、どのメンバーが出ても見どころが多い試合になることが予想されます。


↑ゲームキャプテンはデーヴィッド選手、南アフリカでも欧州でも戦った経験がある頼れるロック


前半:ぶつかり合う音が終始グラウンドに響き続ける今シーズン最大強度の接点

マイボールでキックオフしたスピアーズはさっそく注目選手たちが見せ場を作ります。
岸岡選手がキックオフしたボールを敵陣の浅い位置のレシーバーがだれもいない位置に落とします。
これを「試合前からキシ(岸岡選手)にキックオフしたら、まず俺にボールを渡してくれ、と言っていた。」と試合後コメントしたウヴェ選手がキャッチ。大きく前進するとオペティ選手選手、バツベイ選手、トゥパ選手と強いランナーにボールを持たせ前進。
その後、ターンオーバーから相手がキックしたボールを合谷選手がカウンター、テアウパ選手が突進、ペナルティを奪います。
トライラインまで残り10mの位置でラインアウトを得ると、杉本選手の正確なスローから、デーヴィッド選手がキャッチし、モール。その後、一度も停滞することなく10m押し続け、最後尾でボールを保持していた杉本選手がインゴールに飛び込みトライ。その後の難しい角度のゴールキックをファンデンヒーファー選手がポストにあてながらゴールを決め、前半2分で流れをつかみます。





その後、6分。
今度は若い選手がチャンスを生みます。
中盤のラックからスクラムハーフ藤原選手が敵陣へ高く蹴るパントキックを上げると、右外から落下点に食い込むように捕球しに行った根塚選手が相手2人に競り勝ち抜け出すと、その後フォローについてた味方につなぎ連続攻撃。左外に展開しながらゴール前に攻め込むと、相手ディフェンス間のスペースに勢いよく走りこんできた杉本選手が突破し、トライ。コンバージョンキック成功で14-0とします。






その後、中盤でのスクラムペナルティから自陣に攻め込まれ、12分にトライを許してしまい14-7としますが、15分にはゴール前で相手スクラムを押し込み、フォワードが近場を攻め、オペティ選手がトライを決め、21-7と取り返します。




この後、前半終了までスコアは動きませんが、互いに接点(コリジョン)激しく、特にラックやモールなどの密集では互いに一歩も譲らない攻防が見られます。
それでも、スクラムでは相手ボールをターンオーバーし、モールディフェンスでは相手にまともにモールを組ませず、相手の長所であるフォワード戦に真っ向から挑み、優勢に試合を運べたことが14点リードの結果に繋がります。
ただ、紙一重のプレーで自陣での反則を繰り返してしまったことなどで、ピンチを作ってしまった部分は、課題です。



後半:苦しい状況あるもいい形で試合を終える

メンバーを先発から全員交代した後半。
風上のスピアーズは、スタンドオフ侭田選手がキックを上手に使い、敵陣で試合を進めます。
5分には自陣のスクラムから相手にラインブレイクを許し、先制を許してしまいますが、それでも全員のハードワークでメンバーを変えても受け身になることはありません。
フォワードは、身長・体重ともにサイズが一回り小さくなった布陣ですが、その分全員が早く立ち上がり、アタックではパスを細かくつなぎ、相手の圧力に屈しません。またバックスは相手ディフェンスの速いプレッシャーの裏をかくプレーで、的を絞らせません。
それが功を奏したのは、15分過ぎ。
敵陣のラインアウトから攻撃を始めたスピアーズは、6フェーズ目で青木選手が大熊選手のダミーで相手をひきつけ、桑江選手にパスすると、中田選手へ。中田選手は相手のディフェンスの前進でできた後ろのスペース見逃さず、バウンドさせたキックを蹴ると、島田選手がそれに反応し、キャッチ。そのままインゴールに飛び込みトライとします。(コンバージョンキック不成功で26-12)






しかし、その後ペナルティを続けたスピアーズは、ゴールラインを背負った場面でスクラム。
このスクラムでプレッシャーを受けてしまい、トライを許し後半25分26-19と1トライ1ゴールで同点の点差に。




ブルーレヴズも巻き返し、逆転を狙い士気が高まります。スピアーズにとっては嫌なムードでしたが、選手たちは自分自身でその流れを断ち切ります。


このトライ後に再度やってきた自陣ゴール前のピンチ。
相手ボールのラックで、相手スクラムハーフがほんの一瞬ファンブルしたボールを、岡田選手は飛び込みボールを奪取し、味方にパス。その後、一気に敵陣まで入り込みます。互いボールを争奪しながら続いたプレーは2分半にもおよび、最終的にペナルティを得てチャンスとなったのはスピアーズでした。このペナルティからゴール前ラインアウトとしたスピアーズは、連続攻撃から岡田選手が相手のショートサイドにできたスペースを突き、トライ。ゴール成功で後半37分33-19としました。





試合の終盤の一番消耗した時間帯。やや劣勢の状況で2分半にもおよぶ攻防を最終的にトライにつなげられたことは、選手たちの修正力、なにより日々のハードな練習の積み重ねがあるからこそです。
チームスローガンの「NEXT LEVEL〜不撓不屈〜」をまさに体現したような締めくくりで、最終スコア33-19でこの試合を勝利することができました。



【試合後コメント】

フラン・ルディケヘッドコーチのコメント


「今日の試合はゲインライン※1でしっかり勝負できていたことが良かったと思います。そして、敵陣でのチャンスをしっかりとスコアボードに反映させたこと、それがこの結果に繋がりました。また、最後いい形で試合を締めくくれたことも良かった点です。この合宿はとても有意義なものでした。また船橋でさらに成長していきましょう。」




デーヴィッドゲームキャプテンコメント

「いい合宿を過ごすことができました。この試合はまず入りがよかったと思います。
プランしていたことができましたし、結果も良かったです。両チーム接点での激しい戦いでしたし、いいタックルもありました。何人か初戦の選手もいました。しっかり前に出て、ゲインラインを超えて、いいヒットもあったと思います。」




ヘル ウヴェ選手コメント

「私は8年ヤマハ発動機ジュビロに在籍していたこともあり、今日の試合はとても思うところがありました。だからこそ、キシ(岸岡選手)にも話して、自分のところに(キックオフのボールを)落としてもらうようにお願いしました。まだ試合があります。さらにこのチームは成長すると思います。このような特別でユニークなチームでプレーできることを幸運に思います。今シーズンさらに頑張ります。」



【ピックアップ写真】


↑羅選手は3試合連続の先発だが疲れも見せず、献身的な働きを見せた



↑ファンデンヒーファー選手はフィールドプレー、ゴールキック共に好調で、左右の角度でゴールを成功させた



↑合谷選手は約3年ぶりの15人制の試合。「40分が長かった」と試合後コメントを残した



↑岡田選手は、終盤の苦しい時にチームメイトが助かるプレーでチームに貢献



↑近藤選手は、急遽出場になったものの持ち前のスピードとステップ、そして安定感を見せる




【ラグビー用語解説】


1.ゲインライン
スクラムやラックなどでその攻撃の起点となるポイントからゴールラインに平行にひかれた見えない線


【次戦についてのお知らせ】

プレシーズンマッチ第4戦
相手:花園近鉄ライナーズ
日時:12月11 日(土)12時キックオフ
場所:東大阪市花園ラグビー場 第1グラウンド


【観戦情報】

有料有観客試合

チケット情報 https://hanazono-liners.jp/2021/11/27/spears_ticket/

オンライン配信
未定

アプリ
スポライブにて速報有り。同様の内容をTwitterでも連携予定 https://app.spo.live/share/?sportsId=rugby&leagueId=league_one_practice_2022&gameId=smByMLf5aH2rwtRhiNUj&locale=ja&t=1637997124832


プラチナパートナー

  • 興和株式会社(バンテリン)

ダイヤモンドパートナー

  • 冨士機材
  • 新潟クボタ

ゴールドパートナー

  • 株式会社関東甲信クボタ
  • BLK
  • クボタ建機ジャパン
  • きらぼし銀行
  • 桐井電設工業株式会社
  • 株式会社オーティーエス(OTS)
  • 陽光産業株式会社(トキビル)
  • 東京ベイ信用金庫

オフィシャルパートナー

  • 大成建設株式会社
  • 国分グループ
  • 安藤ハザマ(安藤・間)
  • ジーマックスエネルギー株式会社
  • トーエネック
  • NIYU(二友組)
  • ダイドードリンコ
  • 株式会社ミクニ

事業連携パートナー

  • 桐井電設工業株式会社
  • 株式会社オーティーエス(OTS)
  • 株式会社日本オフィスオートメーション
  • 陽光産業株式会社(トキビル)
  • 河内屋酒販株式会社
  • 日の丸自動車興業株式会社
  • 朝日信用金庫
  • 大宝商事株式会社

地域連携パートナー

  • 東武百貨店船橋
  • 東武トップツアー株式会社

サプライヤー

  • ジースター
  • 大塚製薬株式会社
  • 健康体力研究所(Kentai)
  • 国士舘大学

チケットパートナー