HOME  >  新着情報 >  ニュース・トピックス >  2021-2022シーズン終了の御礼

NEWSニュース・トピックス

2021-2022シーズン終了の御礼

いつもクボタスピアーズ船橋・東京ベイを応援して頂きありがとうございます。
2021年5月28 日のNTTリーグワン2022 プレーオフトーナメント3位決定戦 東芝ブレイブルーパス東京戦、そして翌週6月1日に行われましたシーズエンドファンクションとクロージングセレモニーをもって、今季クボタスピアーズ船橋・東京ベイの活動は終了しました。


リーグワン初年度であるNTTリーグワン2022の戦績はレギュラーシーズン12勝4敗(内中止2試合)、プレーオフトーナメントは準決勝で埼玉パナソニックワイルドナイツに敗戦、3位決定戦では東芝ブレイブルーパス東京を相手に激闘の末に勝利し、単独3位という結果でシーズンを終えました。


昨シーズンのベスト4から、「Next Level ~不撓不屈~」をスローガンに、リーグワン初代王者を目標に戦ってきたチームとしては、決して満足のいく成績ではありませんが、連戦を伴うハードな試合スケジュールを新型コロナウィルス感染対策を行いながら、チーム全員でこの戦績を収められたことは、来季にも繋がる貴重なシーズンを過ごすことができました。


また、どの試合でもどんな状況でもスタジアムをオレンジ色に染め、チームを応援してくれたオレンジアーミーの存在はとても大きく、今季チームのひとつのテーマとしてあげていた「オレンジアーミーの代表として戦う。」というチームの強いモチベーションに繋がる、なくてはならない大切な存在であることをより実感できるシーズンでもありました。


ホストゲームを中心として、チームの思いに共感し、サポートして頂けるパートナー企業やホストエリア自治体の皆様やクボタグループの皆様、そして、このリーグワン開催に関わったすべての関係者の皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。


チームは一旦オフとなり、また7月ごろから段階的に練習をスタートする予定です。来シーズンの試合日程等はまたホームページで発表させていただきます。


今季も応援ありがとうございました。また、来季の新しいチームでお会いしましょう!


↑今季最終戦となった3位決定戦後の集合写真



↑6月1日に行われたシーズンエンドファンクションでの集合写真



↑6月1日に行われたクロージングセレモニーでの集合写真



以下

1.チームを代表しての御礼のメッセージ(フラン・ルディケヘッドコーチ、立川理道キャプテン)

2.アワードの発表(リーグワン、チーム)

となりますので、ご覧ください。


1.チームを代表しての御礼のメッセージ

【フラン・ルディケヘッドコーチ】


「今季、すばらしいシーズンを送ることができたのもオレンジアーミーの皆さんのおかげです。マスクをして声も出せない中、我慢もあったと思いますが、スタジアムをオレンジに染めてくれたことに感謝します。
今シーズン退団する選手たちについては、しっかりとレガシーを残し、チームを成長させてくれました。
このシーズンをしっかりとリセットして、来シーズンに向けて準備していきたいと思います。
私からオレンジアーミーの皆さんに対してのチャレンジとしては、皆さんが一人でもファンをスタジアムに連れてきてくれると嬉しいです。オレンジアーミーを増やしましょう!
私の人生の哲学には『これからだ』という言葉があります。いいことはこれからきっと起こります。また、来シーズンも素晴らしいシーズンにしていきましょう。」


【立川理道キャプテンコメント】


「ホストスタジアムの江戸川区陸上競技場でのホストゲーム含め、いつも試合会場に応援してくれているたくさんの声援が私たち選手の力になりました。今シーズンの3位という結果に満足していませんが、日本一のファンの皆さんに支えられてこの結果が得られたと思っています。来シーズンは、これまで以上の結果を残せるように、選手一同取り組んでいきたいと思っていますので、引き続き応援よろしくお願いします。」


2.アワードの発表

【NTTリーグワンアワード2022】
5月30日に行われたNTTリーグワン2022にて、個人表彰において、スピアーズから以下の2選手が受賞しました。


新人賞/ベスト15(WTB)/ベストラインブレーカー:根塚 洸雅 選手



ベスト15(PR3):オペティ・ヘル選手


※写真はリーグワンより提供


【チームアワード】
6月1日に行われたクロージングセレモニーにて、チームから以下のアワードが表彰されました

M・V・P :オペティ・ヘル選手

今シーズンもっとも活躍した選手としてオペティ・ヘル選手が選出されました。記念品はフランヘッドコーチから手渡されました。



HUNTING賞:ファウルア・マキシ選手

ボールを持っていない時の姿勢が最もアグレッシブだった選手に贈られるHunting賞にマキシ選手が選ばれました。記念品は高野コーチから手渡されました。


NEXT LEVEL賞:谷口 和洋 選手

今シーズン通してグラウンド内外問わず研究、準備、また攻撃的な実績をあげた選手に贈られるNext L eve賞に谷口選手が選ばれました。記念品は田邉コーチから手渡されました。



D・F・P賞:ルアン・ボタ選手

ドミナント・フォワード・パックの略称であるD・F・P賞は、圧倒的な強さでフォワード戦を⽀配した選手に贈られる賞です。こちらはルアン・ボタ選手が受賞しました。記念品は後藤コーチから手渡されました。



BEST MAN賞:井上 大介 選手

シーズンを通して尊敬と信頼を他選手から受け、愛情を持ちながら選手たちを気に掛け、チームの成長、そして勝利のために貢献した人物に贈られるBestMan賞に、選手の投票によって井上選手が選ばれました。記念品はソアカイコーチから手渡されました。



ROOKIE OF THE YEAR:根塚 洸雅 選手

2021年4月に入団した選手5名が対象となる、今年最も活躍した新人選手に贈られるこの賞には、リーグワンで新人賞も獲得した根塚選手が選ばれました。記念品は今野コーチから手渡されました。


OFFICIAL PARTNER