HOME  >  新着情報 >  CSR(社会貢献活動) >  ユニセフが掲げる行動指針「子どもの権利とスポーツの原則」に賛同します

CSR社会貢献活動

ユニセフが掲げる行動指針「子どもの権利とスポーツの原則」に賛同します


ジャパンラグビートップリーグ所属のクボタスピアーズは、ユニセフ(国連児童基金)と日本ユニセフ協会が2018年11月20日に発表した『子どもの権利とスポーツの原則』に賛同します。
これまでもラグビーを通して、子どもたちの健全な育成のために活動してきたクボタスピアーズですが、新型コロナウィルスの影響により、子どもたちがスポーツを楽しみ、活躍の場が失われている今だからこそ、本原則に賛同することで、これまで以上に子どもたちの心身の成長に貢献します。


1.「子どもの権利とスポーツの原則」とは

  • スポーツが真に子どもの健全な成長を支え、子どもの権利促進に寄与する社会となるよう、スポーツ団体、指導者、企業、学校、家庭を含め、スポーツに関わるすべての関係者のための行動指針としてユニセフが作成した、スポーツにおける子どもの権利をうたう原則です。
  • 2018年の発表以降、これまで多くの企業やスポーツ団体が賛同しております。
  • 今回、クボタスピアーズが賛同することで、ラグビー関係団体では初の賛同表明となり、ラグビー界において本原則の推進が期待できます。

≪ご参考≫「子どもの権利とスポーツの原則」特設サイト https://childinsport.jp/


2.ユニセフ『子どもの権利とスポーツの原則』オンラインイベントのお知らせ

  • 日本ユニセフ協会主催のオンラインイベントが8月7日(金)10時より実施されます。
    『子どもの権利とスポーツの原則』に、新たに賛同した他競技団体の紹介と「現役アスリートと考える、スポーツの価値」をテーマにしたパネルディスカッションを行います。
  • クボタスピアーズからは立川理道キャプテンが参加予定です。
  • YouTube Liveによる配信も行いますので、ぜひご覧ください。

詳細は日本ユニセフ協会のお知らせをご覧ください https://www.unicef.or.jp/event/20200807/


3.本原則を賛同するにあたっての背景と今後の活動について

クボタスピアーズはこれまでラグビーを通じた子どもたちの健全育成と、スポーツの魅力や楽しさを伝える活動を行ってきました。今回『子どもの権利とスポーツの原則』をチームとして賛同・推進することで、そうした活動がより子どもたちに大きな影響を与え、SDGs(持続可能な開発目標)に貢献できると考えています。



【クボタスピアーズが子どもたちを対象に行った主な活動】

プラチナパートナー

  • 興和株式会社(バンテリン)

ダイヤモンドパートナー

  • 冨士機材
  • 新潟クボタ

ゴールドパートナー

  • 株式会社関東甲信クボタ
  • BLK
  • クボタ建機ジャパン
  • きらぼし銀行
  • 桐井電設工業株式会社
  • 株式会社オーティーエス(OTS)
  • 陽光産業株式会社(トキビル)
  • 東京ベイ信用金庫

オフィシャルパートナー

  • 大成建設株式会社
  • 国分グループ
  • 安藤ハザマ(安藤・間)
  • ジーマックスエネルギー株式会社
  • トーエネック
  • NIYU(二友組)
  • ダイドードリンコ
  • 株式会社ミクニ

事業連携パートナー

  • 桐井電設工業株式会社
  • 株式会社オーティーエス(OTS)
  • 株式会社日本オフィスオートメーション
  • 陽光産業株式会社(トキビル)
  • 河内屋酒販株式会社
  • 日の丸自動車興業株式会社
  • 朝日信用金庫
  • 大宝商事株式会社

地域連携パートナー

  • 東武百貨店船橋
  • 東武トップツアー株式会社

サプライヤー

  • ジースター
  • 大塚製薬株式会社
  • 健康体力研究所(Kentai)
  • 国士舘大学

チケットパートナー